子どもの英語、始めるのはいつがおすすめ? 年齢別の効果もご紹介

子どもに英語を身につけさせたいと考えているおうちのかたの中には、始めどきについて迷っているかたもいらっしゃることでしょう。どの時期に、どんな効果が期待できるのかまとめてみました。

耳を育てるには0〜2歳までの働きかけが大切

0〜2歳くらいまでに、英語をたくさん聞かせておくと「英語耳」が育つといわれています。耳が柔軟なこの頃は、日本語とその他の言語を区別することなく、聞こえてくる音をそのまま吸収できるそう。日本語が確立していないからこそ、日本語にはない音やリズムも感覚として身につけられるのでしょう。英語で発語ができる時期になって、子どもが話すネイティブのような発音にびっくりするおうちのかたも多いようです。

英語に親しみをもつのに最適な2〜3歳

2〜3歳児は、歌やダンスが大好き。教室や教材などでも、それらを取り入れて、体を使って英語のリズムやアクセントを身につけさせるパターンが多いよう。好奇心が旺盛でまねをするのが大好きなこの年頃のお子さまは、何度も遊びながら繰り返していくうちに、会話の内容や音を正しく理解できるようになっていきます。間違えても恥ずかしいと思わない頃なので、楽しく英語に触れさせて、抵抗感をなくすのに最適なときといえるかもしれません。

本格的な学習へのステップ! 自分から意欲的に学べるようになる4〜6歳

4歳くらいになると、自分の気持ちを言葉にできるようになり、人とのコミュニケーションが楽しくなってきます。そのため、英語の意味が理解できると、「それを使って話してみたい」と思うお子さまも多いよう。伝わるのがうれしくて「もっと上達させたい!」という意欲を育てやすいのがこの頃。子どものやる気次第で、どんどん新しい語彙(ごい)やフレーズを吸収していけます。

アプローチや子どもの反応は異なるかもしれませんが、どの時期にもその時期ならではの効果があるものです。「子どもの英語は、いつ始めるのがいいの?」と迷っているなら、まず始めてみるのもいいかもしれませんね。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A