何着ていく? 入学式の服装:保護者編

 小学校の入学式で、保護者である自分たちは何を着たらいいのでしょうか。同じ春に行われる卒園式に比べると、また違う華やかさがあると思います。入学式の主役は子どもたち。あまり派手にならないよう意識し、「子どもの服装に準ずるもの」と考えればまちがいありません。また、初めて会うかたがたへの第一印象を決めるものでもある・・・ということも忘れないようにしましょう。

 

 


母の服装 スーツは紺、グレー系、春らしい色を選んでみても

 スーツの子どもたちがあふれる1日。やはりお母さまもスーツをおすすめします。スカートでも、パンツでも問題ありません。スカートの場合には膝丈か、それより長いものを。ストッキングの色は黒を避け、ベージュに近い色を選びましょう。

 

 色は、春らしさを表現できるものがおすすめです。紺やグレー系のスーツなら、白やパステルカラーなどの淡い色のブラウス・シャツを合わせます。少し華やかさが足りないかも・・・と思ったら、胸元にコサージュをつけてみてください。小ぶりなものでも印象が大きく変わります。

 

 あるいは、スーツ自体をパステルカラーのものにしてもいいでしょう。真っ白なスーツより、クリームやベージュ、桜色に近いものがおすすめです。

 

 入学式は、会場(体育館など)から各教室への移動や、子どもの机のそばに立って教科書や持ち物を確認するなどの「作業」がある場合も多いもの。書類などの荷物も増えるかもしれません。ある程度「動きやすさ」も意識したものにしましょう。

 

 

父親の服装 ダークカラーのスーツであればOK

 お父さまの服装は、黒、ダークグレー、ダークブラウン、紺など、落ち着きのあるものがおすすめです。明るめの色のネクタイのほか、ポケットチーフ、スカーフを使うと、普段とは一味違う格好よさを演出できます。

 

 もちろん「礼服」でもかまいませんが、最近は入学式で礼服を着るかたは減りつつあるかもしれません。先生や来賓のかたがたが着ており、「保護者は礼服を避けたほうがいいのでは」という意見があるのも確かです。

 

 学校や地域によって違いがあるため、礼服でいいかと悩んでいるかたは、入学式を経験しているお友達の親御さんに聞いてみるといいでしょう。当日の写真を見せていただくのも参考になります。

 

 お祝いの雰囲気の中に「落ち着き」を意識した服装であれば、心配することもありません。子どもの緊張感をうまく包み込んであげられるような笑顔を心がけ、入学の日を楽しんでください。

 

 

倉持鎮子

自身も6歳、10歳の子どもを育て、育児・食育・親子問題についての執筆を行うライター。医療・健康・体の不思議、子育て中にもできる美容などにも触れ、さまざまな面から「子どもとの生活」についてのライティング実績がある。講師業では、「脳と体を考える食育」についての情報を提供。

 

▼早寝早起き、ひらがな練習…2016年度「チャレンジ1ねんせい」では今からできる入学準備をご提案!

http://sho.benesse.co.jp/s/new1/tokuten/

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A