オンライン学習、今後どう付き合う?

新型コロナウイルス感染症の影響で、最長3か月間にもわたった、学校の臨時休校措置。少しでも授業を補うため、家庭でのオンライン授業を模索する動きが広がりました。しかし、文部科学省の調べでは、2020年4月16日現在で「同時双方向型のオンライン指導を通じた家庭学習」を実施できた教育委員会は、5%にすぎません。感染防止に長期戦を覚悟しなければならない中、政府や自治体は環境整備を急いでいます。今後どのように、オンライン学習と付き合っていけばいいのでしょうか。

オンライン学習を経験済みの高校生は勉強姿勢が備わる

日本では、学校の授業でさえ、児童生徒がパソコンやタブレットなどの端末を使って学習を行う機会が、十分ではありませんでした。家庭学習では、なおさらです。
独立行政法人国立青少年教育振興機構が2019年9~11月に行った国際比較調査によると、オンライン学習をしたことがある高校生の割合は、日本48・8%、米国70.8%、中国58.3%、韓国72.4%と、日本が最も低くなっています。「先生はインターネットを利用する宿題を出す」のも各26.6%、91.9%、65.3%、57.2%となるなど、そもそも学校からの指導が低調なのですから、当然の結果とも言えます。
一方で、オンライン学習を経験した日本の高校生は、「勉強した内容を理解するために、教科書以外の本を読んだりする」16.9%(未経験者は9.7%)、「先生や友達と勉強について話し合う」26.8%(同16.7%)、「授業の内容を復習する」22.6%(同16.0%)、「自分で学習の計画や目標を立てる」25.8%(同17.1%)と、自ら進んで勉強する姿勢が強まっています。
もちろん、オンライン学習がそれほど一般的でない中での経験者ですから、もともと学習に積極的だったとみることもできます。逆に、うまく導けば、自律的な学びの姿勢を引き出すこともできそうです。今後、オンライン学習が広がる中で、配慮する必要があるでしょう。

長時間の疲れには注意 特に低学年は疲労度が高い

オンライン学習の広がりで心配になるのは、端末に長時間向き合うことによる、疲れです。とりわけ日本では、スマートフォン(スマホ)が普及しており、小さい画面では疲れがさらに増す恐れがあります。
伊藤賢一・群馬大学教授らの調査・研究プロジェクトが2020年5月、小学生の保護者を対象に行ったウェブ調査では、オンライン学習の時間が長くなるほど、高い疲労を起こしている可能性があることが裏付けられました。特に低学年で、疲労度が高くなっています。端末別で疲労度が最も高いのは、やはりスマホでした。
政府が進める「GIGAスクール構想」では、小中学校に1人1台端末と、高校も含めて高速通信ネットワークを整備するとともに、家庭に端末を持ち帰らせることも奨励しています。通信環境の整っていない家庭には、モバイルルータなどを貸し出せるようにしたい考えです。
たとえ緊急時にあっても、誰一人取り残すことのないような学習環境の整備が求められます。各家庭でも、学校側の整備に合わせて、子どもたちが当たり前のようにオンライン学習に取り組めるよう、支援してあげたいものです。

(筆者:渡辺敦司)

※高校生のオンライン学習に関する意識調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較
https://www.niye.go.jp/kenkyu_houkoku/contents/detail/i/145/

※コロナ臨時休校中の小学生メディア接触実態調査報告~小学生のオンライン学習/ゲーム・動画と疲労度の関係~
https://www.gunma-u.ac.jp/information/74374

プロフィール

渡辺敦司

渡辺敦司

1964年北海道生まれ。横浜国立大学教育学部卒。1990年、教育専門紙「日本教育新聞」記者となり、文部省、進路指導問題などを担当。1998年よりフリー。連載に「『学力』新時代~模索する教育現場から」(時事通信社「内外教育」)など。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A