日本以上の学歴社会でもさらに〈こどもちゃれんじ〉が選ばれるために【PR】

中国には「望子成龍」という言葉があります。「わが子が龍のように出世することを願う」という意味です。
「名のある大学に行かせたい」と思う親の割合は、上海では東京の約3倍。そんな中国で、〈こどもちゃれんじ〉が選ばれているのはなぜなのでしょうか。

自分から取り組み、学ぶ工夫がある

「ワークブックのつくりが、市販のものとは全然違います」と語るのは、4歳の女の子を持つ父親の南さん。
「市販のものは、ただ1問1答で取り組ませるワークやドリルがほとんどですが、巧虎は、1つの通したお話の中で、自分で考えさせ、答えさせる。自然に楽しく子どもに取り組ませる工夫があると思います」

3歳の子が一人で「唐詩」を暗誦

南さんのお子さんは3歳の頃、いきなり、唐詩を暗誦して家族を驚かせました。「私が教えたわけではありません。〈こどもちゃれんじ〉のDVDを見て、知らない間に覚えたんです」。
また、ひらがなもカタカナもない中国では、小学校入学前から漢字を学びます。〈こどもちゃれんじ〉の漢字学習用教材や唐詩のDVDには楽しく学べる工夫があります。それが、ただ内容を詰め込むのではなく、学ぶこと自体への興味や自信を育む第一歩となっているようです。

世界の幼児教育のスタンダードに

〈こどもちゃれんじ〉は、中国だけでなく台湾、韓国など、教育熱の高いアジアの各国で熱烈な支持を集めています。インドネシアでは2017年夏からテレビアニメの放映が始まり、2018年から開講予定。学ぶ楽しさやできる自信を育む第一歩となる〈こどもちゃれんじ〉は、国境を越えて、世界の幼児教育のスタンダードになろうとしています。

しまじろう、日本を飛び出し世界へ!中国でも大人気の〈こどもちゃれんじ〉【PR】
お父さんも一緒に寝かしつけ 中国の家庭に寄り添った教材づくり【PR】
共働きの中国人夫婦が〈こどもちゃれんじ〉を選ぶ理由【PR】

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者の方は多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ別診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A