親子で家族のおでかけ計画を立てよう

 おでかけをする機会が多い夏休み。その時期を利用して、子どもの主体性を高めてあげては?
「自分から!」につながるおでかけ時のひと工夫が大事です。子どもにとってよりよい体験となる夏休みのおでかけ。おうちのかたが上手にサポートできるアイデアとは?


任されることで積極的になれる

 自分から実践するという主体性は、大人に与えられた体験では身につきません。そうは言っても、子どもの狭い視野だけでは限界が。そんなときはおうちのかたが、道筋を作ってあげるのがおすすめ。

 

たとえば、まず行き先を2、3案、おうちのかたが提示します。それぞれの場所がどんなところか親子で調べたうえで、子どもに行き先を選ばせます。
目的地を回る順番も子どもに考えさせることで、「任された」ことが自信になり、積極的に計画するようになります。

 

 

おでかけ中も学びを得られる準備を

 行き先や順番だけでなく、行った先でも積極的に好奇心を満たせるといいですね。
行き先で目にした動植物や、目的地について、すぐその場で確かめられれば、おでかけ中でも学びが深まります。おでかけの際には、外出用のコンパクトな図鑑や地図などを持って行って、「あれ?」と思うことを調べるのも得策。スマートフォンや電子辞書で調べるのもありですね。興味を持ったらすぐ調べることで、子どもの心にも印象深く記憶されるはず。

 

また帰宅したら、おでかけで出合ったことやものを整理しましょう。興味のある動植物や建物などに出合ったら、写真に撮ったり、スケッチするのもおすすめ。物事を記録する行為は、体験したことを上手に表現したり、考えを整理したりする練習になるのです。

 

夏の計画を立てるとき、大人が情報や選択肢を用意しながらも、できるだけ子どもに選ばせる部分を増やしましょう。もちろん、最終的には安全面や実行性を考えて大人が判断することになりますが、「選ぶ」ことで子どもが主体的になれます。

 

おでかけの計画について、「ご紹介してきたのは「やらなければいけない」体験ではありません。もしお子さまがぼーっとしたいのなら、それにも意味があるはず。大切なのは「お子さまの意思で行動させてあげること」と親野智可等先生。

 

もし子どもが「やりたい」と言ったことを途中で投げ出した場合も、叱ったり無理強いしたりしないこと。それよりも新しい興味関心の方を応援してあげましょう。

 

子どもにとっての「好き」はどこに転がっているかわからないもの。夏休みにいろんな体験ができれば、その中から「好き」につながるものが見つかるかも。それが見つかればやめなくなります。

 

 

 

 

◆ベネッセ「進研ゼミ小学講座」でお子さまの世界を広げる夏にしましょう。

 ベネッセでは、夏を有意義に過ごすための計画・学習習慣づくりや発見・驚きのある体験もできる講座を提供します。

「選べる夏のオプション教材無料キャンペーン」をはじめ、自信を持てる英語力を養えたり、「好き」を見つけて力を深める科学の教材、相手にわかりやすく説明する力を身につける作文・表現力講座など、有料オプション教材も多彩。

この夏、お子さまの世界を広げる夏にしましょう。

<進研ゼミ「勝ち夏」応援サイト>はこちら

プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。長年の教師経験をもとに勉強法や家庭教育について具体的に提案。
Twitter、Instagram、オンラインサロン「やすらぎの子育て・教育オンラインサロン」、YouTube「YouTube親力チャンネル」、Blog「親力講座」などで発信中。全国各地の教育講演会でも大人気。詳細は「親力」で検索

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A