「通級指導」の子どもが過去最多を更新 特別支援教育の対象が広がった背景とは

「通級指導」の子どもが過去最多を更新 特別支援教育の対象が広がった背景とは文部科学省の調査によると、公立小中学校で通常の学級に在籍しながら、障害に応じて授業の一部を別の教室などで行う「通級指導」を受けている子どもたちの人数が過去最多を更新したことがわかった。増加の理由は、発達障害のある子どもの通級が増えたからだという。教育ジャーナリストの斎藤剛史氏に詳しく伺った。

 

***

 

文科省の調査結果によると、2013(平成25)年5月1日現在、全国の公立小中学校などのうち通級指導のための指導教室を設置しているのは、小学校が2,991校、中学校が566校、特別支援学校が63校の合計3,620校でした。通級指導を受けている子どもの数は、小学校が7万924人(前年度比8.4%増)、中学校が6,958人(同14.8%増)で、合計7万7,882人(同8.9%増)となり、過去最多を更新しました。

 

通級指導の増加の主な理由は、従来の特殊教育が特別支援教育に切り替わり、一般の小中学校に在籍する発達障害児も特別支援教育の対象となったためです。発達障害である自閉症・LD・注意欠陥多動性障害(ADHD)のある子どもの通級指導対象者は、特別支援教育の前年度に当たる2006(平成18)年度は6,894人でしたが、13(同25)年度には3万3,401人となり、7年間で4.8倍にも増えました。

 

通級指導対象者を障害別に見ると、「言語障害」が3万3,606人、「自閉症」が1万2,308人、「LD」が1万769人、「ADHD」が1万324人、「情緒障害」が8,613人、「難聴」が2,044人などで、自閉症・LD・ADHDの発達障害が全体の42.9%を占めています。通級指導には、自校の指導教室などに通う「自校通級」の子どもが多いのが特徴です。

 

通級指導が増えた背景としては、発達障害に関する知識と理解が学校現場で進んだこと、教員定数の増加など通級指導のための体制が整備されたことなどが挙げられます。障害のある子どもとその保護者に通級指導を理解してもらうと同時に、周囲の子どもたちにも特別支援教育の意義をきちんと指導することが大切でしょう。

 

出典:増え続ける通級 ADHDとLDも各1万人超に -ベネッセ教育情報サイト

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ 教育情報まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

子育て・教育Q&A