その“イライラ”は“ニコニコ”のもと(1)“イライラ”の中にある“笑顔のもと”を探そう [スーパー保育士のお悩み相談]

子どもはとてもかわいいですよね。でも毎日一緒にいると、どんなお母さんでも、つい叱りたくなったり、イライラしてしまったりすることがあると思います。
よく「子どもを怒りたくなったときは10数えよう」とか「イライラしたときはその場から離れよう」などと言われますが、そのときになったらそんな悠長なことはできないものです。では、どうすればよいのでしょうか。

イライラしてしまう出来事の中にも笑顔のもとがある

どんなに大変なことでも、その中には自分を笑顔にしてくれる部分は必ずあるものです。たとえば一人で街を歩いていて、傘がないのに突然大雨が降ってきたなら、みんな困った顔をしますよね。でも、もしも友達と一緒に楽しく歩いているときならば、二人とも笑いながらずっと笑顔で逃げ惑うはずです。そう、突然大雨が降ってくるということは、困ることでもあるけれど、思わず笑ってしまうほどおかしいことでもあるというわけです。

今にも電車が来そうなホームの階段を駆け上がるときも、数人の仲間と一緒のときならば、どんなにしんどくても笑いながら駆け上がるものです。面白いのは、それで電車にギリギリ間に合わなくても笑顔になることです。人は、本当ならイライラしてしまうことや大変なことでも、その中にある「楽しさ」「面白さ」を上手に見つけて、笑顔になることができるのです。

それは子育ても同じです。ついイライラしてしまう状況の中にも、自分を笑顔にしてくれるものが無数にあるのです。それが見えるようにさえなれば、「イライラしない子育て」「笑顔の子育て」が毎日できるのです。

イライラのもとをニコニコ笑顔のもとにするヒント

ある喫茶店で、幼稚園のママ友同士2人が子どもたちと一緒に楽しそうにおしゃべりをしながらソフトクリームを食べていました。その途中、ソフトクリームが顔中についてしまったわが子を見て、ママたちの口から同時に声が出ました。

一人のママは、「もうっ! いっぱい顔につけて!」と怒ったように言いながら、子どもの顔を拭きました。でも、もう一人のママは、「あらら、お顔についちゃった! お化粧みたい」と、まるで楽しいことのように言いながら笑顔で顔を拭きました。

子どもがしたことは同じなのに、それを見てイライラしてしまったお母さんと、思わずニコニコ笑顔になったお母さん。その違いはどこから来るのでしょうか?同じ子育てをするなら、ニコニコ笑顔で楽しく子育てする方がいいですよね。

まとめ & 実践 TIPS

子育ては大変なはずなのに、いつも笑顔のお母さんもいますよね。一方で、さっきのお母さんのように子どもが何をしてもついイライラしてしまうお母さんもいます。
本当は、子どもの前では笑顔でいたいと思っていても、実際にそうするのは難しいものです。
では、いつも笑顔でいられるお母さんは、普段いったいどんな考え方をしているのでしょうか。次回はいつも笑顔でいられるようになる考え方のヒントをお伝えします。

プロフィール

原坂 一郎

原坂 一郎

KANSAI こども研究所所長。23年間の保育所勤務時代には、どんな子どもも笑顔になるユニークな保育が注目され「スーパー保育士」と呼ばれた。現在は「こどもコンサルタント」として、子どもおよび子育てに関する研究・執筆・講演活動を全国で展開している。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A