大学入試、「1点刻み」のままでいいの?

2020年度の大学入試改革(入学は21年度)が、徐々に迫ってきています。
まずは順調にスタートできるか見守りたいところですが、改革はこれで終わりではないということも忘れてはなりません。
新しい学習指導要領で学んだ高校生が受験する24年度(同25年度、対象は現在の中学1年生)との《2段階》 で進めることが、当初から想定されていたためです。
ただ、そうした一連の改革でも、まだ足りないかもしれません。当初目指していた改革の中には、依然として手をつけられていない課題があるからです。

今の改革は「不完全燃焼」

「今の高大接続改革は、不完全燃焼だと感じています」……。中央教育審議会の専門委員などを務めた大阪大学高等教育・入試研究開発センターの川嶋太津夫センター長は、先頃行われた大学入試センター主催シンポジウムの基調講演で、こう指摘しました。

入試改革ばかりが注目されますが、高校教育・大学教育・入学者選抜を一体的に改革しよう、というが、高大接続改革の狙いです。しかも元々は、大学の教育を社会からの期待に応えられるよう変える必要がある、という大学関係者の危機感に端を発したものでした。

ただ、高大接続改革の論議、とりわけ入試改革をめぐっては、▽中教審「高大接続特別部会」(2012年9月~14年10月)▽文部科学省「高大接続システム改革会議」(15年3月~16年3月)▽文科省改革推進本部・高大接続改革チーム「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」検討・準備グループ(16年4月~18年3月)……など検討場所を替えながら、現実的な方向を探ってきました。
その結果、「大学入学共通テスト」をはじめとする現行の体制に落ち着いたわけですが、積み残されたり先送りされたりした課題も多々あります。共通テストの複数回実施、CBT(コンピューター活用型テスト)の導入などです。

AIに負けないために

基調講演で川嶋センター長が指摘したのは、「入学定員の存在」です。現在の日本の入試では、募集定員が厳格なため、定員を上回る受験生が集まった場合、誰かを落とさなければなりません。

しかし高大接続改革の理念から言えば、その大学のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針、AP)にかなう者を判定して入学させる、というのが趣旨だったはずです。APにかなう者も、不合格にせざるを得ません。
一方で、APを満足する者が少なかったとしても、定員を満たせない場合は、合格させているのが現状です。つまり、どちらにしてもAPが機能していない、というわけです。

ここには定員管理と並んで、高大接続改革論議が積み残した問題が潜んでいます。「『1点刻み』の客観性にとらわれた評価から脱」する(14年12月の中教審答申)という論点です。そもそもテストの点数には、測りたい能力との「誤差」が含まれているというのが、「テスト理論」の教えるところです。だからこそ入試改革では、個別大学がAPに基づいた多面的・総合的な評価を行うことが求められています。

折しも、人工知能(AI)に負けない人材の育成が求められています。
知識丸覚えで1点刻みのテストなら、AIでもかなりの成績をたたき出せることは、国立情報学研究所の「東ロボくん」プロジェクトが実証済みです。人間でしかできない強みを発揮させるには、一連の高大接続改革が一段落したとしても、将来的には「高大接続改革2.0」(川嶋センター長)にバージョンアップさせる必要があるのです。

(筆者:渡辺敦司)

※大学入試センター・シンポジウム2019
https://www.dnc.ac.jp/research/nyugakusha_chyosasitsu/symposium.html

※高大接続改革(文部科学省ホームページ)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/koudai/index.htm

プロフィール

渡辺敦司

渡辺敦司

1964年北海道生まれ。横浜国立大学教育学部卒。1990年、教育専門紙「日本教育新聞」記者となり、文部省、進路指導問題などを担当。1998年よりフリー。連載に「『学力』新時代~模索する教育現場から」(時事通信社「内外教育」)など。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A