【中学英語の勉強法】中学校の先生が明かす!定期テスト 最短攻略法3つ

中学で始まる定期テスト。
とくに英語は、楽しく話していればよかった小学校の時と違い、英単語の暗記や読み書きまであって、正直びっくりしますよね。

「がんばって暗記したのに、bとdを書き間違って、バツだった!」
「学校のワークだとできたのに、テスト本番で解けない…」
がんばって勉強したのに、なぜかできない…が多いのです。

でも、安心してくださいね。
実は、中学の英語の定期テストを最短で攻略する、3つの方法があるのです!
いずれも、『進研ゼミ中学講座』の制作に関わる中学校の先生、直伝の方法です。

「進研ゼミ」の先輩が「成功した!」と思ったテクニックも、あわせて紹介します。
ぜひ、試してみてくださいね!

※ここでご紹介する中学生の声は、2018年11~12月実施『進研ゼミ 中二講座』会員136人へのアンケートより

【中学英語のテスト勉強法】「まとめて勉強」より、「15分から、くりかえし勉強」が大事!

中学の英語のテスト勉強で、一番大事なこと。それは、「毎日くり返し勉強する」です。
試験前日に3時間まとめて勉強…よりも、まずは15分ずつから、始めてみましょう。

理由は、脳を英語にならすためです。
英語と日本語は、語順が大きく違うのです。

たとえば、「私は6時に起きます」という文の場合。
日本語は、動詞が一番さいごにきますね。
一方、英語であらわすと。
I get up at six.
となります。「主語のすぐあとに、動詞」の語順なんです。

この「英語と日本語と語順の違い」に、中学生はつまずきがち。
英語の語順になれつつ、新しい英単語を覚えるには、毎日少しずつ勉強して、脳をならしていくのが大事なんです。

英語の語順になれる近道は、ずばり、試験範囲の英文の音読です!
英文を声にだしつつ、頭の中で日本語訳にしていきましょう。
音読に慣れた後は、日本語訳を書いて、何も見ないで英文を書けるようにしてみましょう。
この繰り返しで、しぜんと英文を覚えていけますよ。

英語を書くときには、「つづり、大文字・小文字」を正しく書く…といった、英語のきまりに、ぜひ注意してみてくださいね。
正しく書く…というと、大変に思うかもしれません。
まずは「つづりは正しいか?大文字小文字は正しいか?」を意識して書くだけでも、グっと点数に差がつきますよ!
正しく書くことで、しぜんと英語力が身につきますよ。

「習った英語の文を、日本語に訳せる」「日本語から、正しく英語に書ける」までできれば、高得点をねらえるでしょう!

<「進研ゼミ」を受講している中学生の勉強法>
★英単語の暗記は、声に出して音を覚えてから、とにかく正しく覚えるようにしています。
答えがわかっても、スペルミスで点を落とすのはもったいない!

【中学英語のテスト勉強法】迷ったら、まずは学校のプリント・ワークから始めよう

「定期テストの試験範囲が配られたけど、何から勉強すればいいんだろう…?」
悩んだときには、まずは学校で配られたプリント・ワークから始めましょう。

そもそも、定期テストとは、「習ったことを、しっかり覚えているか?」をはかるもの。
中学の先生だって、人の子。教え子には、いい点数を取って欲しいもの。
だからこそ、学校のプリント・ワークに、テストに出したい重要ポイントをつめこんでいるのです。

とはいえ、ただプリントを見るだけ、ただワークを解くだけ…だと、テストで解けないこともあります。
できたつもりだったけど、意外と覚えていないんですね。

そんなミスを防ぐためには、「間違ったところの、解きなおし」が重要です。
プリント・ワークは、1ページ解いたあと、答えあわせ。
間違えたところは、答えを見ずに、ササッと解きなおしてください。

答えをみなくても、ちゃんと正解にたどりつければ、ばっちり覚えている証拠。
テストでもしっかり点をとれますよ!

<「進研ゼミ」を受講している中学生の勉強法>
★学校でもらったプリントを使って勉強しています。
先生の解説が役に立つし、授業も楽しめるから、楽しいです。
★宿題で出されるワークから、テストの問題が出た。
ワークをやっておいてよかったです!
単語の暗記は「進研ゼミ」の<暗記BOOK>を使っています!

【中学英語のテスト勉強法】テスト1週間前の問題集で、得点力を上げよう

テスト1週間前からは、さらに市販の問題集にチャレンジしてみましょう。
出題形式が違う問題に慣れることで、より得点がしやすくなります。

出題形式になれるのは、とても大事です。
学校の先生は、同じ単語・熟語でも、穴埋め問題、並び替え問題…など、出題形式をかえて出すことが多い。
「生徒にはいい点数をとってもらいたい。でも丸暗記で、ちゃんと定着していないと困る…」と、思っているからです。

問題集を解くときも、間違ったところは必ず解きなおしをしましょう。
もちろん、問題を間違えると、イヤになることもありますよね。
でも実は、間違った問題こそが、テストの点数ののばしどころでもあるのです。

「問題集で間違えてもだいじょうぶ! テスト本番で点数がとれればいいんだ」と、気楽に考えて、問題集を解いてみてくださいね。
「練習すれば、するほど強くなっていく」のは、テストも部活も、同じなんですよ。

<「進研ゼミ」を受講している中学生の勉強法>
★最初に課題(ワークなど)をやりながら、自分の苦手な分野を確認。
苦手がわかったら、そこを重点的に復習する。
最後に「進研ゼミ」の<定期テスト厳選予想問題>をやればGood!!
これで、私は90点代後半以上をキープしてます。

学校の先生が明かす!定期テスト 最短の攻略法3つ まとめ

以上、学校の先生オススメの、英語の定期テスト勉強法でした。

中学の英語の定期テストの勉強は、はじめは、だれしも戸惑うもの。

・英語のテスト勉強は、15分から始めて、繰り返しやる。
 教科書を読んで、英文から日本語訳、日本語訳から英語…がスラスラできるのをめざす。
・テスト勉強は、学校のワーク・プリントで実践練習。
特にプリントには、先生がテストに出したいところがつまっている!
・1週間前からは、自分が持っている問題集を解く。
間違い=のばしどころだから、間違っても気楽にとらえてOK

上記3つを意識するだけで、ぐっと点数に差がついてきますよ。
今回紹介した攻略法は、今後の定期テスト勉強はもちろん、受験までずっと使える勉強法です。
ぜひ早めに身につけて、英語を得点源にしちゃってくださいね!

<おうちの方へのアドバイス>
おうちの方が、お子さんの英語のやる気を引き出す場合。
お子さんのテスト勉強や、テストの結果をほめてあげるのがオススメです。

中学のはじめは、定期テストの大切さに実感がない人も、多い時期。
思わぬ失敗をしたり、気づかないところで点を落とすことも多いです。

「できなかったこと」につい目をむけてしまいがちですが、お子さんに「できたこと」があるのも事実。
ぜひ、お子さんの「できたこと」をほめて、たくさんのやる気を引き出してあげてくださいね!

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A