辛口評価のSSH、今後の課題は

文部科学省が、2017年に指定したスーパーサイエンスハイスクール(SSH)について、3年目の中間評価を行いました。指定校77校のうち20校は、当初の狙いの達成が見込まれると評価。他方で、半数近くの学校に「改善や努力が必要」と、厳しい評価を付けました。何が課題となっているのでしょうか。

この記事のポイント

先進的な理数教育で217校指定

SSHは、科学技術系の人材を育成することを目的に、先進的な理数系教育を行う高校です。独自の教科や科目を置くことができ、大学や教育機関と連携した課題研究もできます。研究期間は5年間で、2020年度は計217校が指定を受けています。

半数に努力改善を求める

このうち、2017年度に新規指定を受けた77校について、外部の有識者が▽研究計画の進捗(しんちょく)▽理数系教育に重点を置いた教科や科目の編成になっているか▽課題研究や探究学習の取り組み▽指導体制▽外部との連携▽成果の発信……などを、5段階で評価しました。
それによると、「優れた取組状況」と評価された学校は、6校でした。研究開発の狙いの達成について「可能」と評価されたのは14校、「おおむね可能」が21校、「一層努力することが必要」が34校、「達成困難」が2校とされました。指定解除に相当する評価を受けた高校はありませんでしたが、指定期間の半ばで、半数に改善を求めた形です。

改革の先を行く取り組みを

評価が低かった指定校への指摘として、▽課題研究を深める授業や活動の時間が不足▽教材開発の成果や指導ノウハウの情報公開不足▽全校的な推進体制になっていない▽高大接続の改善に資する研究開発がされていない……などが挙がりました。
優れた取組状況と評価された高校の一つ、福井県立若狭高校は、地域資源に着目した「探究」型の独自科目を設定しています。環境分野の研究が盛んで、県内外や台湾、フィリピンの高校と「環境フォーラム」を開いています。多数の教員が関わっていることも高い評価を受けました。
兵庫県立加古川東高校の理数科は、1年次から「課題研究」のスキルを高める授業を取り入れています。「理数英語」「理数英語プレゼンテーション」など、将来の学会発表を想定した科目があるのが特色で、校外の発表件数が増加したことが評価されています。

まとめ & 実践 TIPS

SSH事業は、3年前に行われた行政改革推進会議のレビューで、目的と実態が合致しているのか、予算の妥当性はあるのか、と厳しい指摘を受けています。
一方、高校の新学習指導要領(2022年度入学生から全面実施)では、「理数探究基礎」「理数探究」などの新科目がスタートします。また、中央教育審議会では、各高校が社会的な役割や目指すべき学校像(スクール・ミッション)を明確にし、一貫した教育活動を行うよう求めることを検討しており、普通科に加えて「学際科学」の学科を新設する案も挙がっています。SSH事業は、それらの先駆けでもあります。
これからの高校の在り方を考える上でも、SSH指定校の奮起が期待されます。

(筆者:長尾康子)


※文部科学省 スーパーサイエンスハイスクール(2017年度指定)の中間評価について
https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/2020/mext_00029.html

プロフィール

長尾康子

長尾康子

東京生まれ。1995年中央大学文学研究科修了。大手学習塾で保育雑誌の編集者、教育専門紙「日本教育新聞」記者を経て、2001年よりフリー。教育系サイト、教師用雑誌を中心にした記事執筆、書籍編集を手がける。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A