行って安心! 大学も入試も変わる今、保護者がオープンキャンパスで見るべき点とは?

変わる大学入試を受けることになる、今の高1・高2。「大学入試が変わるけど、気になっている大学の入試って、具体的にどうなるんだろう?」「そもそも、うちの子に合った大学ってどこ?」と、保護者の方も、不安ではないでしょうか?でもその不安、実はオープンキャンパスに行くことで、解消する可能性が高いんです。今の大学は、保護者世代が通っていたころと、授業の受け方から入試情報まで、かなり違います。お子さまの進路を考えるためにも、保護者世代がオープンキャンパスに行くのは、とても大事なのです。今回の記事では、大学も入試も変わっている今…保護者がオープンキャンパスでチェックするのにオススメな点を、お伝えします。

チェックポイント①今の大学を知って、「うちの子に合うか?」をチェック!

オープンキャンパスでは、まずは保護者が「今の大学」を知ることから始めましょう。今の大学は、保護者世代の大学と大きく変わっているからです。例えば、学部名ひとつとっても、違います。保護者世代が受験生のころは「文学部」「理学部」「農学部」など、学部名を見れば学べる学問内容を、ある程度想像できました。でも現在は、複雑になった社会課題に対応するために、「国際」「情報」「地方創生」「コミュニケーション」といったキーワードを含む学部・学科が増加。さまざまな学問領域を横断した、融合的な学びをめざす大学が、増えています。また、授業形態も違ってきています。保護者世代は、大学の授業というと、大教室での講義…というイメージかもしれません。しかし最近は、少人数でアクティブラーニングの授業が増えています。そんな保護者の時代とは違う、今の大学を知るのにオススメなのが、大学紹介のプログラムです。その大学の特長を知ることができるのは、もちろんのこと。
「アドミッション・ポリシー(大学が求める人物像)」を知って、「この大学は、うちの子にあうか?」を、保護者観点で考えることができます。大学紹介のプログラムに参加し、実際に話を聞くことで、「高校時代にどんな力をつけておくべきか」「その大学でどのような力をつけられるか」がより身近にわかるので、ぜひ参加してみてくださいね。

チェックポイント②保護者だから気になる費用・就職状況をチェック!

保護者がオープンキャンパスに参加するとき、費用・就職状況は、チェックしておきましょう。というのも、お子さまは、大学の模擬授業や、学食・施設など、好きなところに目が行きやすいもの。費用面・就職状況といった、現実的な点は、保護者が確認しておくのがオススメです。いざ受験が決まったときも、慌てずにすみますよ。特にオープンキャンパスでは、保護者向けのプログラムで、学費や就職のことを話す大学が多いです。個別相談会などで、奨学金について相談ができる大学もありますよ。

チェックポイント③大きく変わる、入試情報をチェック!

現在の高1・2が受験する新大学入試により、各大学の入試が変わる可能性があります。
だからこそ、オープンキャンパスの入試説明会に参加して、最新の入試情報をおさえておきましょう。入試情報をおさえるメリットは、「高1・2の今、何をすればよいか」が見えてくる点にあります。
例えば、英語の資格・検定試験にしても、
・一定水準以上の認定試験の結果を出願資格にする大学(滋賀大 など)
・CEFR(セファール)による対照表に基づき、共通テストの英語の得点に加点する大学 (静岡大など)
・出願資格と加点の双方に使用する大学(東京工業大など)
・みなし得点(広島大など)
に分かれます。
※CEFR(セファール)とは、言語能力を評価する国際指標のこと。※上記はすべて2021年入試で採用予定 ※2019年6月時点の大学公表情報に基づく こういった「新大学入試で、どういった入試が課されるか」をチェックすることで、「志望大は、英語の資格・検定試験が出願資格になる。高2のうちに1回は受検して、慣れておこう」と、やるべきことが見えてくるのです。「今から何を対策すればよいか、まったく子供にアドバイスができない…」そんな不安も、解消できますよ。

とくに入試情報は、大学入試がかわる今、見逃せないポイントです。
ぜひ、保護者の方もオープンキャンパスに参加して、一緒に進路を考えてみてくださいね。

転載元:進研ゼミ高校講座 保護者サポート 教育・進路情報ページ(保護者のかた向けの情報サイト)

プロフィール

小泉和義

小泉和義

ベネッセ教育総合研究所 主任研究員。全国の小学校、中学校、高等学校などの現場を取材し、子どもたちの実態や学校での指導課題を踏まえ、「今」と「これから」の教育に必要なことは何かを発信し続けている。

ベネッセ教育総合研究所からの所感

オープンキャンパスに行くと、「大学に行きたい」という動機を高めることができる点がメリットの一つです。その気持ちを生かして、高校1、2年生のうちから大学合格のための対策を講じることが大切です。そして、対策としてもっと重要なことは、高校での普段の授業にしっかり取り組むことです。なぜならこれからの大学入試は、入試当日の学力試験だけではなく、高校3年間で何をどのように学んできたのかを、多面的に評価する方向に進んでいるからです。高校での授業を軸に学習に取り組むことが、高校での学力向上につながり、結果として大学で求められる学力を身につけることにもつながるのです。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A