意外な展開にひきこまれる!ユーモラスなお話

Rosie’s Walk Book&CD

めんどりのロージーが夕飯の前のお散歩に出かけると、後ろから、天敵のキツネがずっと狙ってくる。
まったく気づかないロージーは、悠々と散歩を続けるが、キツネは、池に落ちたり、粉まみれになったり、ハチに襲われたり、散々な目にあって退散する様子がユーモラスに描かれているお話です。

img_picturebook_7_1.jpg
  • img_picturebook_7_1.jpg
  • img_picturebook_7_2.jpg
タイトル:Rosie’s Walk Book&CD
Pat Hutchins(著)
  • テーマ:Pat Hutchins(著)
  • 対象年齢:4〜8歳
  • 参考価格:1,600円(税抜)
教えてくれた人

創業30年の洋書絵本の
輸入卸会社社長

いつ頃からどんな絵本を選んだらいい?専門家が答えます!

原書の絵本の魅力は、作家、画家の作ったオリジナルの画面に触れられるというところです。日本語訳にすると、どうしても消えてしまう、絵と絶妙に調和したアルファベットの美しさや、デザイン性の高さは、原書でしか味わえません。原書の絵本に触れるということは、一度も行ったことのない国を訪れることによく似ています。

国や文化が異なれば、表現は実に多岐にわたり、子どもは、絵本を通じて、ありのままのボーダーレスな文字や絵、音に触れることができるのです。

おすすめの最初の一冊は、イギリスの田園風景を舞台にした『Rosie’s walk』。文字と絵が融合した傑作と、英国でも高い評価を得ており、動物たちの動きのある絵から、どんなストーリーなのかある程度推測でき、「これはこう書いてあるのかな?」と英語を追いかけやすくなっています。続いて、アメリカのとある子ども部屋の一夜を描いた『Goodnight moon』。日常にあるものが多く登場し、「Goodnight」と声をかけながら、英語で身の回りのものに話しかけるのも楽しいですね。窓の外の景色の変化にも注目して下さい。このように、日常と異文化の架け橋をしてくれるのが原書の絵本の最大の魅力、そして英語学習への絶好の入り口だと思います。

お子さまにどんな絵本がいいかお悩みのかたは、相談しながらご購入いただけます。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A