学習効率をアップさせる!勉強計画へのアドバイスの仕方【高校生編】

 高校生になると、定期テスト対策においても、自ら計画的に進める力がだいぶ身についてくることでしょう。少し離れた場所から見守って自学自習の習慣を育てることを大切にしつつ、悩んでいる姿が見られたときは必要に応じてアドバイスをしましょう。


中学時代に比べて科目数が大幅に増加

 中学校の定期テストは、英語・数学・国語・理科・社会の5教科が基本でしたが、高校になると、英語は「コミュニケーション英語I」「英語表現I」「英語会話」に細分化されるなど科目数が増加し、学校によりますが、10科目以上の実施が一般的となります。さらに、中学校と比べて授業のスピードは格段に速いため、その分、テスト範囲は広くなります。そのため、直前に少し勉強をしただけでは、到底太刀打ちできません。中学校以上にしっかりとした計画が求められることをご理解ください。

 

ある高校教師は、「中学時代に『あまり対策をしなくても、そこそこ点数が取れていた』という生徒がそのままの考えで高校のテストに臨んで失敗してしまうケースが見られる」と、注意を促しています。中学校と高校の定期テストはまったくの別物と考え、一層気持ちを引き締めて臨むことが大切です。

 

 

テスト勉強は2週間前から始めよう

 定期テストの1週間前になると部活が休みになり、範囲が発表されるなど、学校全体がテストに向けて動き出します。そのため、定期テストの勉強は1週間前から始める子どもも多いのですが、全科目をしっかりと対策するとなると、時間が足りなくなるかもしれません。2週間前から計画的にスタートすれば、全科目をまんべんなく復習し、苦手な科目・分野にも十分な時間をかけられ、万全な対策ができます。まだテスト範囲が発表されていなくても、確実に範囲に入るところから先行して学習を始めるようにアドバイスしましょう。「本格的な勉強は1週間前からだとしても、ノートの見直しだけでもやっておくと理解がスムーズだよ」と声をかけてあげてください。

 

 

シンプルなものでよいので、計画を作成する

 テスト対策は思いつきではなく、しっかりと計画を立てましょう。計画的に学習を進めないと、好きな科目にばかり取り組んでしまうなど、学習に偏りが生じてしまいます。学習計画は、シンプルなもので構いません。初めに全科目の範囲を確認し、計画表やカレンダーに、「何をどれくらい勉強するか」という学習の予定を記入していきましょう。例えば、「国語/教科書○ページ~○ページ」「数学・問題集/○ページ~○ページ」といったように必要な学習を細分化していくイメージです。

 

また、英単語や漢字などの暗記は学習計画に組み込まず、「一日○個を暗記」などと決めてちょっとした空き時間を活用すると効率的です。お子さまが学習計画を作成する際には、次のような点に注意し、必要に応じてアドバイスしましょう。

 

・勉強の開始時間をしっかりと決める

「この時間になったら、何をしていても止めて机に向かう」という時間を決めることで、ダラダラと時間を浪費してしまうのを防ぎましょう。

 

・ぎっしりと計画を詰め込まない

計画の作成時は、「あれもこれも」と詰め込んでしまいがちですが、あまり細かく決まっていると、いざ机に向かったときにうんざりとした気持ちになります。スケジュールは、ある程度、余裕を持たせておくほうが、予定がずれ込んだ場合などに臨機応変に対応できます。

 

・予備日(時間)を設定する

学習が計画通りに進まないことは必ずあります。予備の日や時間を設けておくと、学習の遅れがカバーできますし、「ここはポイントなので、もっと時間をかけて対策したい」などと考えた場合にも対応できます。

 

・苦手な科目や分野の対策に力を入れる

好きな科目・分野にばかり取り組まないように気をつけましょう。練習問題で、苦手な教科・分野にじっくりと取り組むのは苦痛が伴うため、ついつい得意な問題ばかり解きたくなるものです。しかし、それでは苦手意識はますます高まってしまいかねません。計画の作成時は、苦手な科目・分野にもしっかり時間を確保するようにアドバイスしましょう。例えば、土日の1日を苦手科目の特訓日にしてはどうでしょうか。苦手科目は、どこかでつまずいていることが多いため、わからない箇所までさかのぼって丁寧に学び直しましょう。わかるようになると、一転して好きな教科になることも少なくありません。

 

 

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A