季節のイベントをもっと楽しむ方法:前編

海外発のイベントで、楽しく英語や異文化に触れてみよう!

ひなまつりや五月の節句など、お子さまが大好きな季節のイベント、最近ではハロウィンのように、海外発のイベントでも、親子で抵抗なく楽しまれる方も多いようです。

実は、この海外イベントこそ、楽しく英語や異文化に触れられる大チャンス!例えば、ハロウィンでお菓子をもらうのに「トリック・オア・トリート」と叫ぶだけでも、英語の世界の入口をくぐることができます。


例えば、アメリカで毎年11月の第4木曜日に行われている「サンクスギビングデー」と呼ばれる感謝祭。アメリカでは、家族や親しい仲間が集まり、サンクスギビングの定番料理を食べて過ごします。ターキーをはじめ、珍しい定番メニューを食卓に乗せてみるだけでも、心温まる異文化体験になりそうです。


そして、年末の一大イベントと言えば、クリスマス!ちょっとした工夫で、さらに英語の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか?例えば、アドベントカレンダー。これは、12月1日から24日まで、1日ずつ窓を開くと、お菓子や詩など小さなプレゼントが入っている仕掛けのカレンダー。手作りでマネしてみてみても楽しいですよね。


さらに、お子さまと楽しむクリスマスを、より充実させてくれるのは、英語の絵本。もちろん、親子で挿絵を見るだけでも異文化体験になりますが、シンプルで短い英語の文章が繰り返し使われている絵本は、特にお子さまの英語体験向き。クリスマスの綺麗な挿絵のついた絵本も多いので、図書館で一冊ずつ借りて来て読むのもいいでしょう。


また、図書館や絵本ショップの読み聞かせ会もオススメです。例えば、豊島区にある海外絵本やグッズの専門店「Book & Cafe’ EHON HOUSE Mejiro」では、12月18日(木)に現役の児童英語講師が、クリスマスにまつわる仕掛け絵本の読み聞かせをしてくれます。


いつものイベントに英語や異文化をプラスして、楽しい思い出をたくさん増やしていきましょう♪

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A