水の電気分解まるわかり! 化学反応式のつくりかた

 化学変化(化学反応)とは、「もとの物質」とは違う、「別の物質」ができる変化です。

化学反応式は、「化学変化を化学式で表したもの」です。「もとの物質」と、化学変化によってできた「別の物質」を矢印(→)で結んだものです。

 

 

水の電気分解を例に、化学反応式を作ってみましょう。

 

水の分解では、「水」が分かれて、「水素」と「酸素」になります。反応前の物質は、水です。反応後の物質は、水素と酸素です。反応前の物質と反応後の物質を矢印でつなぐと、こうなります。

 

水→水素+酸素

 

次に、物質名を化学式に置き換えてみます。

 

H2O→H2+O2

 

でも、上の式は、まだ完成ではありません。というのも、化学反応式では矢印の左側と右側で原子の種類と数が同じであるからです。

矢印の左側と右側で、原子の数を数えてみましょう。

 


左側ではHが2つ、Oが1つ。右側ではHが2つ、Oが2つあります。数がそろっていませんね。

 

左側のH2Oを、Oが2つになるようにするためには、H2Oを2個にします。

 


矢印の左側と右側で、Oの数がそろいました。今度はHの数を比べてみます。左側にHが4つあるので、右側のH2を2個にすれば、すべての原子の数がそろいます。

 

 


最後に、物質(化学式)ごとにまとめます。

矢印の左側では、H2Oが2個なので、2を化学式H2Oの前につけ、「2H2O」と表します。同じように、矢印の右側ではH2が2個なので「2H2」、O2は1個なのでそのまま「O2」と表します。

 

2H2O→2H2+O2

 

これで完成です!

 


↓くわしくは、こちらのサイトで!『教科質問ひろば』

http://chu.benesse.co.jp/qat/

みなさんがよく疑問に思うことを、教科ごとにわかりやすく解説していますよ。

つまずきがちな単元も、しっかり解決してくれるはずです!!

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A