夏休みの自由研究 順番に並べればうまくまとまる、7つのポイントとは?

夏休みの自由研究 順番に並べればうまくまとまる、7つのポイントとは?夏休みの宿題のうちでも、子どもが苦労することが多いのが自由研究。助けを求められる保護者も多いのではないだろうか。せっかく自由研究のテーマが決まっても、どうやってまとめたらいいのかわからない、という悩みを解消する、7つのポイントを紹介する。

 

***

 

自由研究は、大きく見せたい写真やイラストでビジュアルを工夫し、メリハリをつけてまとめることが大切です。自由研究に必要な次の7つのポイントを事前に確認するとともに、まとめにも入れ込んでみましょう。順番に並べていくことで、うまくまとまります。

 

1.タイトル
タイトルは大きくわかりやすく書き、サブタイトルで興味を引く表現や補足説明をつけてメリハリを。

 

2.きっかけ
「誰が・何を・いつ・どこで・なぜ・どうやって」の5W1Hを用いて、子ども自身の言葉で動機を確認します。

 

3.仮説
「どんなふうになるか」と予想を立てると、実験や観察の楽しみが倍増します。

 

4.実験や調査方法の説明
実験や調査方法、作り方などを箇条書きにすることがポイントです。必要な道具や撮っておくべき写真などが明確になり、そのまままとめにも使えます。

 

5.用意したもの・実験道具
必要な道具をリストアップし、事前に揃えておきましょう。最初からまとめるためのグッズ(模造紙やアルバム、スケッチブックなど)も用意しておくと、やる気があるうちにまとめに取りかかれます。

 

6.調査結果や作品の全貌を紹介する
写真や資料、パンフレットやグラフなどを使って、「パッと見て、テーマがわかる」ようにします。注目した点や気になったことを見出しにするとよいでしょう。

 

7.わかったこと・反省
仮説との比較や実験方法の反省、次はこうしてみたい、といったオリジナルの感想があると、おもしろくなります。

 

出典:上⇒下(前⇒後)へ順に並べればまとまる! 自由研究の基本7ステップ -ベネッセ教育情報サイト

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A