「どんな時でも前を向く」 ドッジボールの達人が語るボールのかわし方

「どんな時でも前を向く」 ドッジボールの達人が語るボールのかわし方子どもたちにとって、学校などで親しむ機会も多いドッジボール。ボールを相手に当てたり、飛んできたボールをよけるためのコツをつかめば、ますます楽しめそうだ。ドッジボール日本代表で、男子・女子の日本代表総監督も務める吉田隼也氏に、ボールをよける技「ドッジング」のコツや練習法を聞いた。

 

***

 

ドッジングのポイントは、次の2つです。
・常に前を向いてボールから目を離さない
・相手から狙われた時は、前を向いたまま後ろに下がる

 

このポイントを意識しながら、以下の練習法を試してみてください。

 

1)横に動く
逃げようとして相手に背中を見せると、背中にボールを当てられてしまいます。相手が遠くからアタックをしかけてきた時は、ボールが怖いと思っても背中を向けず、体を横にずらしてかわしましょう。練習ではボールを早く投げたり、遅く投げたりしてメリハリを付けます。

 

2)かがむ
胸より上にきたボールは、ひざを折ってかがんでよけます。この時、軽く地面に手を着いて、すぐ次の動作に移れるようにしておくのがポイントです。頭を下げないように注意します。

 

3)体をひねる
相手が近くからアタックしてくる場合は、体をひねってボールをかわします。ボールに近いほうの手がボールにかすらないよう、体の後ろに逃がすのが大切。横に両腕を上げるのもコツです。

 

4)ジャンプする
足もとを狙われたら、思いきりジャンプしてよけます。足首にボールが当たらないよう、大きく両足を開き、股の下にボールを通しましょう。

 

出典:みんなで一緒にドッジボール! -ベネッセ教育情報サイト

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A