今からはじめる高校入試対策!苦手な社会を得点アップにつなげる具体的は対策とは? 【記述力対策~社会編~】

高校入試の社会では、文章で書いて答える文章記述問題がよく出題されますが、苦手とするお子さまも多いようです。しかし文章記述問題は配点が大きいため、きちんと対策すれば得点源となり、入試で差をつけることができます。そこで入試本番に向けての社会の記述力対策についてご紹介します。

この記事のポイント

苦手とされがちだが、得点を伸ばしやすい記述問題

記述問題は書くこと自体が面倒なので、入試本番でも敬遠される傾向があります。しかし記述問題は、記号問題と違って部分点が狙えること、また高校入試の社会では定番の記述問題があることから、傾向をおさえて対策すれば、得点源として期待することができます。
では2021年の春に行われた公立高校入試の出題傾向をおさらいした上で、おもに文章記述問題の対策についてご紹介します。

【出題傾向】資料読解に加え、作図、意見を書く記述問題も

公立高校入試の社会の記述問題では、「用語を記述する問題」「文章で答える文章記述問題」「グラフなどの作図問題」が出題されます。

まず、「用語を記述する問題」は「~は何か答えよ」というような、必ずと言っていいほど出題されている問題形式で、用語を正確に書くことが求められます。

次に「文章で答える文章記述問題」は「~について説明せよ」など文章で解答する問題で、藤原氏の政治の特徴を説明する問題(秋田県2021年度入試、埼玉県2021年度入試2021年度入試など)や、明治時代の地租改正の内容を説明する問題(岐阜県2021年度入試、岡山県2021年度入試など)など、もはや定番と言ってよいほどの文章記述問題も多く出題されています。
なお近年の傾向としては、複数の資料が提示されて、その資料から読み取れることを解答する文章記述問題が増えてきています。

また都道府県によっては「グラフなどの作図問題」など、用語や文章以外で解答する記述問題を出題するところもあります。作図問題では、グラフを完成させたり(北海道2021年度入試、山口県2021年度入試など)、白地図上で塗り分けたりする問題(新潟県2021年度入試など)がよくみられます。
さらに出題としては少ないですが、与えられたテーマに対して「賛成」「反対」などの立場を明らかにして、意見を記述する問題(岩手県2021年度入試、長野県2021年度入試など)を出題するところもあり、都道府県別で出題傾向を確認して対策する必要があります。

  • ・「藤原氏の政治の特徴」「地租改正」など、定番の記述問題が出題
  • ・近年は複数の資料を扱う文章記述問題が頻出
  • ・作図問題では「グラフの完成」「都道府県の塗り分け」などが出題
  • ・「賛成」「反対」などの立場を明らかにして、意見を記述する問題も

【対策1】教科書を横に開いて、模範解答を書き写す

文章記述問題の対策としては、まず「模範解答を書き写す」ことから始めます。そしてただ書き写すのではなく、横に教科書を開いて「教科書のどこに書いているか?」を合わせて確認することです。公立高校の入試は教科書の内容から出題されるため、記述問題の解答も教科書の中で必ず触れられています。
しかし社会が苦手なお子さまの場合、教科書のどこに書いているかを探すことも大変かもしれませんが、「どこに書いているかわかる」ことは理解の第一歩なので、面倒がらずにやることをおすすめします。
また教科書で該当部分を探し当てたら、模範解答と教科書の本文との対応を確認するだけでなく、同じページに載っている写真やグラフなどの資料も一緒に確認します。そうすることで、教科書本文の文字情報だけでなく、写真やグラフなどの視覚的な情報も加わり、内容の理解がより深まります。

  • ・教科書を横に開いて、模範解答を書き写す
  • ・教科書の「どこに書いているかわかる」ことは理解の第一歩
  • ・教科書本文だけでなく、同じページの写真やグラフにも注目

【対策2】資料を扱う記述問題は、資料に印やメモを書き込む

近年多く出題される、複数の資料から読み取る文章記述問題の対策では、さきほど述べた「教科書を横に開いて、模範解答を書き写す」ことに加え、それぞれの資料のポイントとなる部分に印をつけたり、資料から読み取れることをメモしたりすることをおすすめします。
そもそも資料の「どこに印をつけるか?」「どのようなメモを書き加えるか?」など読み取りのポイントがわからないときは、教科書に載っている資料であれば資料の近くにある説明、問題の解説があればその解説をじっくり読んで考えることで、書き込むポイントが明らかになってきます。
またこのような資料の読み取りは、学習内容の理解が深まるとスムーズになってくるので、教科書の内容の復習が対策の一環となります。

  • ・資料を扱う記述問題では、資料に印やメモを書き加える
  • ・資料から読み取るポイントは、教科書の説明や解説を読んで考える
  • ・資料の読み取りは、学習内容の理解とともにスムーズになる

まとめ & 実践 TIPS

社会の入試対策では、まず用語暗記などの基本事項の習得が大事です。さらに対策することで得点源となりやすい記述問題の対策も、教科書本文にもどって内容を確認するといった、基本事項の習得で行う復習方法に一工夫するものです。
最初は教科書の該当部分を探すことに時間がかかるかもしれませんが、学習内容の理解が深まると探すスピードも速くなり、記述問題にも手がつくようになります。

株式会社プランディット 社会課 十河(そごう)
編集プロダクションの株式会社プランディットで、進研ゼミを中心に、小学校から高校向けの社会(地歴公民)の教材編集を担当。

プロフィール

株式会社プランディット

1988年創業のベネッセ・グループの編集プロダクションで,教材編集と著作権権利処理の代行を行う。特に教材編集では,幼児向け教材から大学入試教材までの幅広い年齢を対象とした教材・アセスメントの企画・編集を行う。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A