年末年始を無事に乗り越えるために! 冬のコロナ対策のポイント

新型コロナウイルスの感染拡大は、全国各地で深刻さを増しています。家族や友達と集まる機会が多くなる冬休みやお正月は、特に心配です。冬のコロナ対策には、何が必要でしょうか。

この記事のポイント

寒くても常時窓開けを

第2波、第3波と呼ばれる感染拡大が懸念されるなか、国は「寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント」を公表しました。
ポイントは、寒い環境でも、換気を積極的に実施することです。強制的に換気を行う機械換気による常時換気を推奨していますが、設置されていない場合は、室温が下がらない範囲での「常時窓開け」を促しています。その際、窓を少し開け、18度以上の室温を目安にすることを呼び掛けています。連続した部屋等では、使用していない部屋の窓を大きく開けて、外気を少しずつ取り込む「2段階換気」や、空気清浄機の使用も推奨しています。
飲食店等では、可能な場合はCO2センサーを設置して、二酸化炭素濃度をモニターしながら換気をすることを求めています。どうしても冬場は、暖房で温まった空気を逃がさないよう、窓やカーテンを閉じて、換気がおろそかになりがちです。学校だけでなく、家庭でも意識して行う必要があります。

加湿やマスクも忘れずに

ウイルスは、湿度が低いと活性化しやすいと言われます。換気をしながら加湿をし、適度な湿度を保つことも、ポイントの一つです。湿度の目安は40%以上で、加湿器の使用や、洗濯物の室内干し、こまめな拭き掃除などを呼びかけています。
もちろん、これまで通り、基本的な感染防止対策を行うことも促しています。マスクを着用する▽1メートルを目安に人と人の距離を確保する▽3密を避け、大声を出さない——などの継続も呼び掛けています。

家族や友達の集まりでも意識して

年末年始は、連続した休暇を取る人も多く、飲食の機会も増えます。

  • (1)飲酒を伴う懇親会
  • (2)大人数や長時間に及ぶ飲食
  • (3)マスクなしでの会話
  • (4)狭い空間での共同生活
  • (5)居場所の切り替わり

上記の「五つの場面」は、感染リスクが高まるとして、リスクを下げながら会食を楽しむ工夫をするよう、注意を促しています。
感染リスクを低くする工夫とは、新型コロナウイルス感染症対策分科会によると、▽箸やコップを使い回さず、一人一人で使う▽座席の配置は斜め向かいにして、正面や真横はなるべく避ける▽感染防止のガイドラインを遵守したお店を利用する▽体調が悪い人は参加しない……などです。

まとめ & 実践 TIPS

感染リスクが高まる「五つの場面」は、職場や大人に限ったことではありません。学校や子どもが参加する行事、クリスマスやお正月など家族のイベントにも当てはまります。
文部科学省でも、これらの留意点を加えた、学校向けの「衛生管理マニュアル」を改訂して示すとしています。
子どもの新型コロナの重症化率は、高齢者に比べ低いとはいえ、ゼロではありません。この冬を元気で過ごすためにも「冬でも換気」を、新たな習慣にしたいものです。

(筆者:長尾康子)

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室「寒冷な場面における新型コロナ感染防止等のポイント」
https://corona.go.jp/proposal/#coldRegion

プロフィール

長尾康子

長尾康子

東京生まれ。1995年中央大学文学研究科修了。大手学習塾で保育雑誌の編集者、教育専門紙「日本教育新聞」記者を経て、2001年よりフリー。教育系サイト、教師用雑誌を中心にした記事執筆、書籍編集を手がける。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A