今さら聞けない! 第二子以降の出産祝いマナー

友人・知人の第二子以降の出産祝いは、第一子誕生のとき以上に悩むポイントが多くあります。その1つに「もう必要なものは持っているだろう」と思ってしまうことが挙げられます。
そもそも出産祝いのマナーとしては第一子と同じでよいのでしょうか? いざお祝いをする場面に直面すると、わからない・知らないことはたくさんあるでしょう。
第二子以降の出産祝いを贈る際のマナーを紹介します。

この記事のポイント

第二子以降の出産祝いは贈るべき?

第一子誕生のときにお祝いをしたから、第二子ではお祝いをしなくてもよいというものではありません。出産は何度でもおめでたいものなので、産まれるたびにお祝いを贈るというのが正しいマナーです。

しかし、マナーはあっても「相手に気を遣わせないようにする」ということを優先するほうがよいでしょう。どのような形でお祝いをするかは、お互いに子どもがいる場合や知り合ったタイミングなど状況に合わせて決めるのがおすすめです。また、「出産祝い」とそれに対するおかえし「内祝い」はセットになるので、なかなか会えないという関係であれば、手土産程度にしてお祝いは贈らないという選択をするのも間違いではありません。

第二子以降の出産祝いをするときのマナー

第二子以降の出産であっても、マナーの原則としては「きょうだいで差をつけない」ということです。そのため、第一子にお祝いをしていた場合にはその時と同等の金額のものを用意するのがマナーです。ただし、「きょうだいで差をつけない」といっても、第一子誕生のときには知り合っていなかったということであれば、改めて第一子のお祝いをする必要はありません。

上の子の年齢や性別が分かっていれば、上の子へのプチギフトを用意するのも喜ばれます。そのことを考慮し、赤ちゃんへの出産祝いと上の子へのプチギフトを合わせた金額でプレゼントを選ぶという形でもよいでしょう。

第二子以降だからこそ! 「残らない」ギフトでもOK

上のきょうだいの育児グッズがそろっている第二子以降の出産祝いは、「もう持っているかも」ということを考えてなかなか決められないということも珍しくないでしょう。あげるものに困ったときには、おむつなどの消耗品や贈られる側の希望のアイテムが選べるカタログギフトなどが、はずれの少ないギフトとして人気です。

出産祝いであっても、長く形が残るものをあげなければならない、ということはありません。相手のママとの関係にもよっては、大手通販サイトのギフトカードもよいでしょう。また、「必要なものはもう持っているだろう」という仮説のもと、赤ちゃんと一緒にママも使えるスキンケアグッズや、マッサージやフォトスタジオの利用券といった体験系ギフトもおすすめです。

まとめ & 実践 TIPS

第一子のお祝いと、第二子以降のお祝いには違いはあるのか? など、自分に子どもがいたとしても分からないことがあるのが「お祝い」のマナー。しかし基本的なことは、第一子への出産祝いと変わりません。何度めでもおめでたいことだからこそ、しっかりとお祝いの気持ちを伝えてあげましょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A