第二子以降の出産祝いは何をあげたらいい? おすすめギフト3選

育児経験を積んでいるママへの第二子以降の出産祝いは、何をあげたらよいか悩みがち。必要なものはもうそろっているだろうな……と思ったり、上の子の性別や年齢差を気にしてしまったりするでしょう。第二子以降の出産祝いとして、おすすめのギフトを紹介します。

この記事のポイント

ハズレなし! 性別問わず使える消耗品

上の子がいても、スタイなど汚れやすいアイテムはおさがりとして使えないものもあります。また、きょうだいとはいえ上の子でしっかりと使い込んだ離乳食用のアイテムはおさがりとして利用せず、できるなら新調したいと考える人もいます。そのような、性別問わず使える消耗品は第二子以降のお祝いにおすすめです。

また、おむつなど必ず使う消耗品も、人とかぶっても困らないギフトとして人気です。おむつケーキのようにタオルなどとセットになってギフトになっている商品もあります。また、他の小物と合わせてちょっと価格帯の高いおむつを贈るのも喜ばれるでしょう。

おさがりが多い下の子だからこそ「自分では買わない」アイテムもおすすめ

上のきょうだいがいる第二子以降は、いろいろなものがおさがりでまかなえてしまいます。だからこそ「おさがりでまかなえるけど、新しくもらえると嬉しい」「第一子のときほど子どもにお金をかけないから、自分ではわざわざ買わない」アイテムもおすすめです。

具体的には、オーガニックコットン素材などの素材にこだわったアイテムやブランド服、木製おもちゃなどが挙げられます。もし、上のきょうだいの性別や年齢差が分かっている場合には、それぞれのイニシャルが入っているきんちゃくやバッグなど、きょうだいでお揃いにできるようなアイテムもよいでしょう。

何を持っているか分からない! そんなときはママへのケアグッズをプレゼントしよう

何を持っているか分からないけれど、他の人からのお祝いとのかぶりも気になってしまう……と困ったときには、思い切ってお子さま向けのお祝いギフトではなくママ向けのギフトにするのもおすすめです。

産後のママは自分のケアがおざなりになりがち。赤ちゃんと一緒に使えるようなスキンケアグッズや貴重なリラックスタイムを楽しめるようにとハーブティやオーガニックコーヒーなどを贈るとよいでしょう。なお、ギフトに飲み物を選ぶときは、母乳育児をしていることを考慮してノンカフェインのものを選ぶのが無難です。

まとめ & 実践 TIPS

第二子以降の出産祝いでは、「必要なものはもう十分持っているだろうな」と思っていても、せっかくなら喜んでもらえるギフトを贈りたいもの。いくらあっても困らない消耗品や、産後のママをねぎらうアイテムなどでお祝いの気持ちを伝えましょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A