認可保育園の申し込みは前年度の秋から!年度途中に入園する場合も早めの準備を

仕事をするにあたって、今や必要不可欠ともいえる保育園。その中でも、多くのかたが希望する「認可保育園」は、全国どこも申し込み時期が同じくらいです。スケジュールを把握して、遅れないように保活を始めましょう。

この記事のポイント

4月入園の場合は前年度の秋から申し込みが始まっている!

多くのかたが希望するのが4月入園。その申し込みは、半年前から始まります。

・10~12月…1次申し込み
・1~2月…1次申し込み結果通知、2次申し込み
・2~3月…2次申し込み結果通知
・4月…入園

多くの認可保育園が、前年度の秋ごろ申し込みを開始し、年をまたがずに締め切ります。そして、2月までには結果が通知されるという流れです。1次申し込みの締め切りに間に合わないと、4月入園は難しくなる可能性があります。待機児童が多い地域は特に注意が必要。また、新設の保育園は夏ごろ発表されることが多いので、このあたりもチェックしておきましょう。

また、4月は「慣らし保育」を行う園が多いです。園生活に少しずつ慣れていけるように、数日間は短時間保育を行うというものです。この間はお迎え時間が早いので、職場に相談したり家族にお迎えを頼んだりということも考えておく必要があるでしょう。

途中入園は空きがない場合も! 早めの申し込みがポイント

途中入園を希望する場合は、入りたい月の前月上旬くらいまでには申し込みをしましょう。ただし、途中入園は空きがないと入れません。そのため、仕事復帰間近になってから慌てて行動しても遅い可能性があります。

入園のしやすさだけ考えれば、4月がおすすめです。職場に相談して、仕事の復帰時期を前後に調整してもよいかもしれません。また、復帰時期が年度途中の場合でも、4月入園で申し込みができる可能性もあります。これなら、もし選考に落ちてしまったとしても、待機扱いで毎月選考対象に入れてもらうことができるでしょう。ただし、待機扱いをしてくれる期間は自治体ごと異なるので確認をしてください。

また、自治体によっては4月入園と同じタイミングで途中入園を受け付けている場合もあります。ここで申し込まないと、途中入園自体ができなくなる可能性も。こちらも自治体ごと扱いは異なるので、HPなどをしっかりチェックしてください。

認可外保育施設も並行して申し込みを

どうしても働かなければならない場合は、認可保育園に限定せずさまざまな方法を考えておくのがよいでしょう。たとえば、認可外保育施設。近くに気になる施設があれば情報収集をし、認可保育園と合わせて申し込みをしておきましょう。ただし、認可外保育施設は募集時期も選考方法も異なります。認可保育園よりも早めに行動するほうがおすすめです。

また、認可外保育施設の中には職場内で開設されている「企業内保育所」などもあります。従業員であれば優先的に入れることもあるので、こちらもチェックしておきましょう。もしもの場合は、実家の両親を頼るなどの方法も選択肢に入れておくとよいかもしれません。

まとめ & 実践 TIPS

保活は、仕事復帰間近になってからでは遅い場合も。待機児童問題もあり、スムーズに入園できない地域もあります。これから仕事を探すかたも、育休開けで職場復帰するかたも、早めに動き出すことが重要です。

また、お子さまが小さいころから、保育園に見学に行ったり申し込み方法などに目を通しておいたりすると◎。「まだ先のこと」と思わずに、早め早めに保活を進めていきましょう。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A