【幼児教室】習い事とは何が違うの? 通わせるメリットは?

「幼児教室」とは、0歳から6歳までの小学校入学前の幼児を対象として、さまざまな教育を行う教室のことです。いわゆる「習い事」や「塾」との大きな違いは、幼児教育に焦点を置いているところでしょう。幼児教室ではどんなことができるのでしょうか?また、入園後のお子さまについては、どのような影響があると考えられるのかなどについても考えてみましょう。 

「お勉強をする場所」というだけではない

幼児教室では、言葉や数字・計算を使った学習もしますが、決してそれらの習得がメインではありません。
そもそもまだ幼児ですから、勉強だけに集中することはできませんし、また、大人が強制し集中させようとするのも子どもに不必要な我慢を強いてしまい、あまりよいこととは言えません。あくまでも「遊び」や「コミュニケーション」を通じて、自分自身を表現すること、自分の意見を考えること、自分なりに問題を解決することなどの能力を育てるのが目的です。

幼児教室の多くは独自で開発を進めているカリキュラムをもち、幼児が無理なく高い関心を維持できるよう工夫した授業づくりをしています。中には小学校受験対策を実施している幼児教室もあり、ご家庭ごとの目的に合わせた教室選びが必要です。

英語や音楽をメインとする幼児教室も

幼児教室には、英語や音楽などをメインとするものもあります。
早期から英語や音楽に触れることで、子どもたちは「習う」のではなく「慣れる」というレベルで親しんでいきます。これにより、より脳に定着する効果的な習得ができるのでは、と考えられているのです。

もちろん、習得までを目的とせず、純粋に英語を好きになって欲しい、音楽に馴染んで欲しい、という考えで幼児教室を利用することも間違いではありません。英語や音楽を通じて日常生活にはない、よい刺激を受けることで生活の他の場面においても生かせる能力があります。

また、子どもどうし・保護者どうしも知り合いになれ、お友だちづくりができるところはメリットといえるのではないでしょうか。

ただし、どの程度のレベルで習得を目指すかは、教室によって、あるいはそれぞれの教室で設定されているコースによって異なります。あまりにも練習が厳しくて、楽しくなくなってしまうのも考えものですから、お子さまの様子を見ながら、無理のない範囲で利用していきたいですね。

教室を決める際には、必ず下見をして利用している幼児たちの様子を見たり、運営スタッフの話を聞いたりして、慎重に考えると教室選びの失敗が少なくなるはずです。

入園後の「表現力」の発揮に役立つ

幼児教室は、入園後の子どもにどんな影響があるのでしょうか。

幼児教室へ通い、早くからお友だちとふれあうことで、協調性や、学びを通しての「聞く力」などが身につきます。
また「表現力」が養われるということもあります。
幼児教室へ通うことで、幼稚園へ入園する前から、自分自身がどう考え、どう思っているか、といったことを他人に対して表現できる能力を養えるでしょう。幼児教室での作品づくりなども自分の考えを形作るのに役立ちそうです。

技術だけでなく、知能や身体、心を育てることができ、個の違いを伸ばすという意味でも、幼児教室の柔軟性は非常に役立つものといえそうです。この点も考えて、お子さまと幼児教室とのありかたを考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A