大人も思わずほろりとする感動の絵本5選

 すてきな絵本に出合うと、読んでいる大人も心が温かくなったり、前向きな気持ちになったり、癒されることがありますよね。大人も思わずほろりとくると評価の高い感動的な絵本をご紹介します。お子さまにとっても、生涯にわたって心に残る一冊になるかもしれません。

『ぼく おかあさんのこと…』

「ぼく おかあさんのこと…キライ」。そんな言葉に始まり、うさぎのぼくのお母さんに対する思いが語られていきます。結婚したいくらい大好きなのに……すぐ怒るし……。ぼくの言葉にはドキッとさせられ、そしてたまらなく愛おしさを感じるはず。とてもかわいらしいうさぎの絵も魅力です。
(作・絵/酒井駒子、出版社/文溪堂、価格/1,500円+税)

『ずーっと ずっと だいすきだよ』

少年と飼い犬エルフィーの心の交流を描いたストーリー。少年よりもずっと速く大きくなり、しだいに老いて太っていったエルフィー。その姿を見た少年は、寝る前には必ず「ずーっと だいすきだよ」と伝えることにしました。人や動物に愛情を持ち、その気持ちを相手に言葉で伝えることの尊さを深く感じさせてくれる物語です。
(作・絵/ハンス・ウィルヘルム、訳/久山太市、出版社/評論社、価格:1,200円+税)

『泣いた赤おに』

人間と友だちになりたかった赤おにの物語。青おにが考えた計画によって人間と仲良くなることに成功した赤おに。その後、姿を見せなくなった青おにのことが気になり家を訪ねてみると、そこには赤おにに宛てた手紙が……。相手を思いやる気持ちのすばらしさが伝わってくる名作です。
(作/浜田廣介、絵/梶山俊夫、出版社/偕成社、価格/2,000円+税)

『おはなをどうぞ』

お母さんにプレゼントするためにたくさんのお花を摘んだ帰り道、動物たちにあげてしまった心やさしい少女。申し訳なさそうにする少女に対するお母さんの言葉に心がホッと温かくなります。カラフルなお花の絵もすてきです。女の子の出産祝いに贈られることも多い一冊です。
(作・絵/三浦太郎、出版社/のら書店 、価格/1,200円+税)

『アンジュール ある犬の物語』

走行中の車から投げ捨てられた一匹の犬。必死で追いかけますが、車は走り去ってしまいます。飼い主を探して寂しそうに町をさまよい歩く犬は、やがて一人ぼっちの少年と出会います。鉛筆でデッサンされた文字のない絵本ですが、そのシンプルさゆえに想像力がかきたてられて、ずっしりと心に響きます。
(作/ガブリエル・バンサン、出版社/BL出版、価格/1,300円+税)

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ベネッセ教育情報サイトで読みたい記事を募集します 子育てや受験など育児に関係するお悩みお寄せください いただいたお悩みを私たちが記事にします! 今すぐ回答する

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A