子どもに最も身近なウインタースポーツはスキー でも保護者のネックは○○○

スキーやスノーボード、アイススケートなど、ウインタースポーツが楽しい季節がやってきた。ベネッセ情報サイトでは、ウインタースポーツをテーマに、子どもたちを取り巻く環境について小・中学生の保護者を対象としたアンケートを行った。
(アンケート期間:2013年12月/回答者数:1378名)

子どもに最も身近なウインタースポーツはスキー でも保護者のネックは○○○


子どもにとって最も身近なウインタースポーツとは、何でしょうか。伺ってみると、ウインタースポーツをしたことのある子どものうち、最も経験した割合が高かったものはスキー(アルペン)で、約75%を占める結果となりました。

始めたきっかけをみると、51%が保護者のすすめ、約24%が授業/学校行事となっており、子どもが自分から、という回答は23%にとどまっています。また、保護者が経験したことのあるウインタースポーツと、学校行事で行ったウインタースポーツも集計して比較すると、「子どもが経験したことのあるウインタースポーツ」とほぼ同じ傾向という結果に。子どもは保護者のすすめるまま、学校行事で行われるままにウインタースポーツを経験している、という傾向が見てとれます。ただ、スキーの場合は、行くとなると泊まりがけとなることが多いと思います。

そこで、泊まりがけでスキー・スノーボード旅行に出かけたことがあるか伺ったところ、「ある」という回答は約29%。「今後計画している」という回答を加えても約36%と、決して高くない割合となっています。どのようなことがネックとなっているのか、ウインタースポーツで困ったことを伺ったところ、「お金がかかる」という回答が74.5%と多くの割合を占めました。ゲレンデまでの交通費や用具の購入、レンタル費用。特に用具は、「購入しても子どもがすぐに大きくなって使えなくなるし……」という声もちらほら見られました。しかし、子どもがウインタースポーツを経験することで得るものも多いようです。

保護者からは「行ってよかった」という喜びを感じさせる声が多く聞かれ、特に親子のコミュニケーションを深める機会になったようです。保護者にとっては、普段なかなか子どもに見せる機会のない「親のカッコイイ姿」を披露できる貴重な機会でもあるのでしょう。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A