我が子がまさかの著作権法違反? デジタル時代に気を付けたい法律トラブル

子どもたちも日常的に使うようになったスマートフォン。しかし、知らず知らずのうちに子どもが法律を犯しているケースがあるのだという。ベネッセ教育情報サイトでは、動画や音楽などの扱いで気付かぬうちに犯してしまいがちな、著作権法違反に関するトラブルについて、弁護士の福井健策氏に話を伺った。

我が子がまさかの著作権法違反? デジタル時代に気を付けたい法律トラブル


著作権法とは

著作権法とは、音楽や映像といった情報(著作物)を権利者に許可なく、第三者が無断で複製するなどして利用してはいけないとする権利です。「思想又は感情を創作的に表現したもの」で、歌手や作家などのアーティストが収入を得られるよう、新しい文化の創造を守るのが本来の役割です。典型的な著作権侵害として挙げられるのは、自分のものではない他者の作品をインターネット上に投稿してしまうことです。
たとえば、自分の好きなキャラクターだからといって、勝手に自分のブログにアップロードすることはできません。

また、「ウィニー」等のファイル共有ソフトを利用して、人気ミュージシャンのCDをコピーした音楽ファイルや新作映画など、他者の音楽や映像等の著作物を共有するのは、基本的に著作権侵害にあたります。著作権を侵害してしまうと、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金(またはその両方)が科されることになっています。

また、2012(平成24)年10月施行の改正著作権法により、私的な目的であっても、違法配信からの映像・音楽等のダウンロード行為に2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)が科されることになりました。お気に入りの動画だからといって、違法ファイルと知りながら自分のパソコンにダウンロードすることは、法律違反です。

家庭でも十分気を付けていただきたいと思います。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A