幼稚園児のお弁当!一工夫してる?

幼稚園児のためのお弁当・・・毎日のことですから大変ですよね。キレイに全部食べて帰ってきてくれると、お弁当を作ったお母さんは嬉しいことでしょう。
そんな、毎日お弁当作りをがんばっているかた100名に「お弁当作りで工夫していることがあるかどうか」をアンケートでうかがってみました。これを見れば毎日のお弁当作りの参考になりそうです。

【質問】毎日のお弁当作りで工夫していることはありますか?
 調査地域:全国 / 調査対象:お子さまをお持ちの保護者のかた
 調査期間:2014年9月10日〜9月12日 / 調査手法:Webアンケート
 有効回答数:100サンプル

見た目で子どもの食欲はアップ?

100名中、85名と多くの人が、一工夫をして毎日のお弁当を作られているそうです。

・お弁当の中味は冷ましてから詰め、その時も手では触らないように気をつけて、気温が高い時は保冷剤も付けます。
・すべてを毎朝作るのはとても時間がかかってしまうので、定番おかずを何品か決めて1週間ごとに作り置きしています。卵焼きは作って一日分に小分けして冷凍、ソーセージは飾り切りをした状態で冷凍、など。
・電車が好きなので電車のかたちのおにぎりを作ったりしています。
・彩りを考えます。黄色は卵、赤はプチトマトやニンジン、緑はホウレンソウやブロッコリーやパセリなど三色を入れるようにしています。
・朝は時間がないので、必ず前日にお弁当の中身を決めて材料を切っておく。この準備をしておくだけで10分以内にお弁当が作れます。

彩りを考えることで、子どもの食欲がアップして栄養バランスも良くなるので、一石二鳥ですね。

がんばりすぎない!と割り切ることが大切!

料理が得意ではない人も、そうではない人にとっても、毎日のお弁当作りは本当に大変です。

・工夫して作るものではないのではないでしょうか。毎日のことなので、肩肘はらずにがんばりすぎないことが続ける醍醐味だと思います。
・卵をスクランブルエッグと卵焼きを日替わりにしたり、ソーセージの形を変えてみたりする程度で、おかずは冷凍食品がほとんどなので工夫点は特にありません。
・上の子どもが本当に強烈な偏食で素材の味以外は苦手で煮込んで味付けしたら絶対食べないので怖くて工夫できない。
・いつもワンパターンのお弁当で子どもに申し訳ない。たまにはキャラ弁作ってあげたいです。

卵料理を日替わりにしたり、ソーセージの形を変えたり、子どもの食べられるものをお弁当に入れてくれるだけでも十分、愛情は伝わっていることでしょう。

衛生面にさえ気をつけていれば安心!

夏場など、食品が傷みやすい時期には「冷凍のまま入れる」や「保冷材を入れる」という意見がありました。衛生面をしっかりと考えていれば、それほど心配することはなさそうです。赤・黄色・緑など、彩りを考えて入れてあげれば、見た目が美味しそうで苦手な野菜も食べられるかもしれません。
「全部食べて帰ってきたら大げさに褒める」などしていると、だんだんとキチンと食べられるようになるのではないでしょうか。毎日のことですからがんばり過ぎないことも大切ですね。

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A