本屋さんに聞いた! 幼児におすすめのクリスマス絵本

12月に入ると街は一気にクリスマスムードに。クリスマスといえば、日本では子どもたちにうれしい季節。おもちゃを待ち焦がれる子どもも多いと思いますが、絵本で子どもたちの盛んな好奇心を刺激してあげてみては。この季節ならではのクリスマス物語を読み聞かせてあげるのもおすすめ。本屋さんに幼児向けのおすすめクリスマス絵本を教えていただきました。


視覚的に楽しくプレゼントとしてもおすすめなかたぬきや仕掛け絵本

 かたぬき絵本なら、まだ文字を読むのが難しい子どもでも、絵、形、仕掛けで感覚的に絵本の楽しさに触れることができます。たとえば本自体がクリスマスツリーやサンタクロースなどの形だったり、ページをめくるとクリスマスのモチーフが出来上がるという仕組みのかたぬき絵本もあります。おもちゃ感覚で楽しめる要素もあり、クリスマスの飾りとして棚に飾ってみるのもすてきかも。

 

おすすめは、五味太郎「まどからおくりもの」。サンタが勘違いをおこす穴あきの仕掛けがとてもユニーク! すてきな言葉の響きでロングセラーの1冊です。言葉の響きの楽しさに触れられれば子どもがもっと本に興味を持ってくれるかもしれませんね。

 

 

普段読んでいる本のシリーズものは親しみやすい

 子どもに人気のキャラクターを使った絵本はいろいろありますが、クリスマス時期は、そんなキャラクター絵本のクリスマスバージョンもおすすめ。たとえば、「ノンタン」や「ばばばあちゃん」「こぶたはなこさん」など子どもに人気のシリーズにもクリスマスのお話が登場します。

 

いつも読んでいる本なら、子どもにとっても親しみやすいはず。季節感を感じたり、クリスマスの雰囲気に触れることができますね。

 

 

クリスマスの由来に触れるなら…

 日本ではクリスマスは、ケーキを食べたり、パーティーをしたり、にぎやかに過ごすイメージです。でも、本当はキリストのお誕生日をお祝いする日。そんな本来のクリスマスの由来について子どもたちに教えてあげるのもよいのでは。

 

クリスマスの由来についての絵本もいろいろあります。たとえば、シンプルな絵で日本でも人気が高いディック=ブルーナ「クリスマスってなあに」。この絵本には、クリスマスとは、キリストが生まれた日をお祝いする日ということが書かれています。クリスマスとはそもそもどんな日なのかを知るよい機会になるのではないでしょうか。読み聞かせる大人も楽しめる1冊です。

 

 

クリスマスらしい心温まるお話もいろいろ

 クリスマスといえば、心温まるすてきなストーリーの絵本もいろいろあります。友達を思い、贈りものをしたり、居眠りしたサンタさんの代わりに動物たちがプレゼントを配ったり、1本のもみの木が最後にみんなそれぞれの大切なクリスマスツリーになったり…。
心温まるエピソードで心を動かしてあげることができるのもクリスマスならではといえるのでは。

 

クリスマスの楽しい思い出とともに、子どもたちの心に残る絵本が見つかるといいですね! 

 

 

<おすすめ商品情報>

 

ページをめくると隠れていたものが現れる仕掛けのかたぬき絵本

■「クリスマスのかくれんぼ」いしかわこうじ 作・絵 

ポプラ社 本体価格:880円(税抜)

 

プレゼントにもかわいい型抜き絵本

■「サンタさん ありがとう」G・マンテガッツァ文、R・パニョーニ絵

ドン・ボスコ社 本体価格:650円(税抜)

 

穴あきの仕掛けがユニークなロングセラー絵本

■「まどからおくりもの」五味太郎 作・絵

偕成社 本体価格:1000円(税抜)

 

クリスマスの由来について知ることができます

■「クリスマスってなあに」ディック=ブルーナ、ふなざき やすこ翻訳

講談社 本体価格:800円(税抜)

 

クリスマスならではの心温まるエピソードに触れられます

■「しんせつなともだち」方軼羣作、君島久子訳、村山知義画

福音館書店 本体価格:800円(税抜)

 

■「サンタおじさんのいねむり」ルイーズ・ファチオ作、柿本幸造絵、前田三恵子訳

偕成社 本体価格:1000円(税抜)

 

■「おおきいツリー ちいさいツリー」ロバート・バリー作・絵、光吉 夏弥訳

大日本図書 本体価格:1300円(税抜)

 

取材協力:ジュンク堂書店 池袋本店 

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A