夏バテに負けない!スパイシーな香りで食欲がわく夏野菜を使ったカレー

嫌いな子はいないんじゃないか!というぐらい、お子さまに大人気のカレー。夏の暑さで食欲が落ち気味の時でも、このスパイシーな香りを嗅ぐと食欲が沸いてきたりしますよね。今回は、カレーを旬の夏野菜で作ってみたいと思います。

◆煮込み時間短縮! ひき肉と夏野菜のカレー

材料(2人分)

合挽肉……100g

たまねぎ……1/2個

ナス……1本

ズッキーニ……1/2本

ゴーヤ……1/4本

にんにく……1片

しょうが……1かけ

 

A

・トマト……1個

・水……300ml

 

カレールウ……50g

塩・こしょう

 

ごはん……1合

 

グリルした添え野菜(オクラ・かぼちゃ)……適量

 

下準備

・たまねぎ、にんにく、しょうがは荒めのみじん切り、ズッキーニとなすは1cm厚さのいちょう切り、ゴーヤは半月の薄切りにして、苦みを和らげるためにさっと熱湯にくぐらせておく。

Aのトマトは粗みじん切りにしておく。

 

作り方

1.フライパンに油とにんにくとしょうがを入れて火をかけ、香が出てきたら、たまねぎを透き通るまで炒め、ひき肉を入れ色が変わるまで炒める。

 

2.1にナスとズッキーニとゴーヤを入れ、全体的に油が回ったらAを入れ2分程煮る。

 

3.2にカレールウを入れ、3分程煮込んだら、塩・こしょうで味をととのえる。

 

4.器にご飯を盛り、3をかける。

 

ポイント

カレーは、苦手な野菜も食べることができたり、量も知らないうちに食べていたりしますよね。水溶性のビタミンを持っている野菜でも、ルゥーと一緒に食べるので、丸々しっかり野菜の栄養をとることができます。今回は夏野菜でしたが、冬はさつまいもを角切りにしたものや、ごぼうのささがきを一緒に煮込むなど、その時の旬の野菜カレーができあがります。

 

また、今回のカレーは、お肉はひき肉、野菜は小さめにカットしているので、野菜の火通りが早く、調理時間がなんと15分ですみます。夏は暑くてキッチンで火を使うのが億劫になりがちなので、短時間で手軽にできる点もおススメのレシピです!

 

スパイシーなカレーで食欲アップして、しっかり食べて、暑い夏を乗り切ってくださいね。

 

 


プロフィール

執筆:佐藤恵美

フードコーディネーター、フードスタイリスト、ジュニア野菜ソムリエ。大手料理教室での料理とパンの講師経験後、祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し独立。レシピ開発、料理教室講師、パーティー出張料理、料理コラム執筆などで活動中。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A