【旬のレシピ】トマトを使ったおすすめレシピで夏バテ防止

夏が旬のトマト。トマトは世界で8,000種類あると言われ、日本でも100種類以上の品種が登録されています。黄色や緑、紫色のものもあり、糖度が高い果物のような甘いトマトもあります。トマトの鮮やかな赤い色素には、リコピンと呼ばれる抗酸化作用の高い栄養素が入っています。生活習慣病の予防や、美白などに効果があると言われています。

美味しいトマトを見分けるポイントは、しっかりとした重みがあり、皮にツヤとハリがあること。ヘタがみずみずしく緑色なところもポイントです。
そして、そのままでも美味しいトマトですが、油と一緒にとることで、さらに吸収がよくなると言われています。
旬の成熟している時期に、ぜひお子さまにも、家族の皆さまにも、積極的に食べて頂きたい食材ですね。

今回は簡単にできるトマトのメニューを2品ご紹介したいと思います。

◆トマトとパイナップルのスムージー

材料(2人分)

トマト……1個

パイナップル……80g

にんじん……50g

ハチミツ……大さじ1

レモン汁……小さじ2

水……1カップ

ミント

 

作り方

1.材料全てミキサーにいれ、なめらかになるまで撹拌する。

 

 


◆ラタトウュ レモングラス風味 もしくは カレー風味

材料(2人分)

なす……1本

ズッキーニ……1/2本

パプリカ……1個

たまねぎ……1/2個

セロリ……40g

 

にんにく……1かけ

オリーブオイル……適量

カレー粉……大さじ1

 

A

・トマト缶……200g

・白ワイン……大さじ2

・塩……小さじ2/3

・こしょう……少々

・ローリエ……1枚

 

下準備

・なす・ズッキーニ・パプリカは一口大、たまねぎ・セロリは1cm角、にんにくはみじん切りにしておく。

 

・Aは合わせておく。

 

作り方

1.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火で熱し、香りがでてきたらたまねぎとセロリを加え、軽く塩・こしょうして炒める。

 

2.1の野菜が軽く透き通ってきたら、残りの野菜を加えしんなりするまで炒める。

 

3.2にAを加え蓋をせずに煮詰め、最後に塩・こしょうで味を調える。

 

ポイント

ラタトウュはお肉や魚のソースにしたり、パスタソースとしても使えます。
冷えても美味しいので、夏の常備菜におすすめです。

 

 

色んな食材に合わせやすいトマト。ぜひ毎日でも摂り入れて欲しい食材です。
トマトを食べて、夏バテ知らずの元気な夏をお過ごしください。

 

 


プロフィール

執筆:佐藤恵美

フードコーディネーター、フードスタイリスト、ジュニア野菜ソムリエ。大手料理教室での料理とパンの講師経験後、祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し独立。レシピ開発、料理教室講師、パーティー出張料理、料理コラム執筆などで活動中。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A