「ファミリー・サポート・センター」の仕組みは? 利用するには?

 たとえば仕事の都合やイベントで、保育園、幼稚園、習い事の教室などへのお子さまの送り迎えをどうしよう…と困ったことはありませんか? そこで今回は、厚生労働省が構想・設立した「ファミリー・サポート・センター」の仕組みについて、女性労働協会の小林さんにお話をうかがいました。


ファミリー・サポート・センターを利用するには?

 ファミリー・サポート・センターは、会員同士で支え合う組織です。育児の「援助を受けたい人」と、「援助を行いたい人」が、ファミリー・サポート・センターに申し込むことによって会員となります。その後、ファミリー・サポート・センターが仲介して、会員同士が支え合うのです。

 

・育児の援助を受けたい人…依頼会員

「少しの時間、子どもを預かってもらいたい」「保育園などの送り迎えをお願いしたい」などの悩みがある人。そのセンターのある自治体に在住or在勤で、乳幼児~小学生くらいの子どもを持つ人であれば誰でも利用可能です。

(※特別な条件が定められている場合もあるので、近くのファミリー・サポート・センターの利用規約を確認してみてください。)

 

・育児の援助を行いたい人…提供会員

「空いた時間を有効に活用したい」「子どもが好き」「子育ての経験を生かしたい」などの思いを持つ人。そのセンターのある自治体に在住or在勤であれば年齢や性別などの制限はなく、特別な資格も不要ですが、活動に必要な講習を受ける義務があります。

(※特別な条件が定められている場合もあるので、近くのファミリー・サポート・センターの利用規約を確認してみてください。)

 

その他に、「自分の急用時には子どもを預かってほしいけれど、時間があるときには人の子どもを預かることができる」など、援助を受けることと行うことの両方を希望する場合には、「両方会員」になることもできます。

 

 

ファミリー・サポート・センターが会員に対して行う業務

・会員の募集、登録、そのほかの会員組織業務

・会員同士の引き合わせや連絡、相互援助活動の調整など

・会員が安心して育児に関する相互援助を行えるよう、必要な知識・技術を身につけるための研修会や講習会の開催

・会員同士の交流と情報交換のための、交流会の開催

・保育所や医療機関など、子育て関連施設・事業との連絡調整

 

会員同士が支え合うことができる仕組みがあれば、忙しいお母さまやお父さまも心強いのではないでしょうか。

 

 

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A