勉強を頑張れる!オススメヘルシー夜食レシピ

育ち盛りで代謝のいいお子さまでも、夜遅くに食べる食事はご本人もちょっと気にしてしまうものですよね。
高たんぱくで低カロリーを目指したい夜食のレシピ。まっさきに浮かぶ食材は「お豆腐」ではないでしょうか。良質な植物性のたんぱく質で、とってもヘルシー。安価なところも家計にやさしい食材。今回はお豆腐を使った夜食を2品ご紹介したいと思います。


◆豆腐そぼろの三色丼

材料(2人分)

豆腐……100g

 

・しょうゆ……大さじ1

・砂糖……小さじ1

・しょうが汁……小さじ1/2

 

卵……2個

 

・砂糖……大さじ1

・塩……少々

 

きぬさや……15g

塩……少々

 

ごはん……適量

 

下準備

・お豆腐はバットなどに置いて、上に重石をのせ、しっかり水分を切る。

 

作り方

1.鍋に水気をしっかりきった豆腐と、Aを入れて豆腐を崩しながらよく混ぜる。汁気がほとんどなくなるまで炒りつける。

 

2.卵は割りほぐしBを入れ、温めたフライパンに入れ、炒り卵を作る。

 

3.きぬさやは塩を入れた熱湯で30秒ほどゆで、ざるにとり、斜めに細切りにする。

 

4.丼にご飯を盛り、1、2、3を盛り付ける。

 

ポイント

豆腐の水気をしっかりきることがポイントです。高野豆腐などを使ってあげるとさらにカルシウムなどもアップします。

 

 

◆スンブドゥブチゲ風はるさめスープ

材料(2人分)

豚ばら肉(うすぎり)……50g

キムチ……100g

ねぎ……1/2本

にら(小松菜やほうれん草も可)……10g

 

ごま油……適量

とうがらしの粉……小さじ1

 

・鶏がらスープ……2カップ

・しょうゆ……小さじ1

 

塩……少々

 

豆腐(絹)……100g

はるさめ……20g

 

下準備

・豚肉は2cm幅に、ネギは2cm幅の斜め切り、にらは長さ4cmに切る。

・はるさめは熱湯でゆでておく。

 

作り方

1.鍋にごま油ととうがらし粉を入れ軽く弱火で炒め、豚肉とキムチを入れ、肉の色が変わるまで炒める。

 

2.1にAを入れてひと煮立ちしたら塩で味を調える。

 

3.2に豆腐・ねぎ・にらを入れ、アクを取りながら煮込んだらはるさめを入れて完成。

 

ポイント

夜食の王道といえば、温かいスープ。その中でも少し辛味のあるものは、高校生くらいのお子さまには人気のあるメニューではないでしょうか。お腹が空いているときは、はるさめの他にご飯などを入れて満足感をアップさせましょう。

 

 


プロフィール

執筆:佐藤恵美

フードコーディネーター、フードスタイリスト、ジュニア野菜ソムリエ。大手料理教室での料理とパンの講師経験後、祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し独立。レシピ開発、料理教室講師、パーティー出張料理、料理コラム執筆などで活動中。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A