運動科学の専門家が教える、苦手意識をなくす「なわとび」練習法

運動科学の専門家が教える、苦手意識をなくす「なわとび」練習法手軽にできるが苦手意識を持つ子どもが多い「なわとび」。「なわとびは、なわを回すことに注意がいきがちですが、足でしっかり地面を蹴ることが何より大切です」と語るのは、身体運動科学の専門家・深代千之氏。なわとびの基本である「前回しとび」上達のコツを伺った。

 

***

 

次のようなステップを踏んでなわとびの練習をすると、子どもの苦手意識を取り除くことができると思います。

 

●ステップ1:その場でジャンプ
初めはなわを使わず、自分がはずむボールになったつもりで、その場で上にジャンプします。なわとびが苦手な子どもによくあるのが、膝を大きく曲げてジャンプすること。膝はあまり曲げないで跳び、足をそろえて着地することを意識します。

 

●ステップ2:1回ずつ回して跳ぶ
次はなわを持ち、ジャンプとなわを回すタイミングをそろえる練習です。一回だけ回して休んで、また一回だけ回して休んで……を繰り返します。手は腰のあたりの高さでキープし、親指に意識を向けつつなわを回すのがコツ。少しずつジャンプとなわを回すタイミングを合わせていきます。

 

●ステップ3:片手でなわを持って跳ぶ
次は連続ジャンプのリズムを覚える練習です。片手でなわを回しながらジャンプを繰り返します。なわを回す時に、腕を身体から離しすぎたり、手首を大きく動かしたりしないようにしてください。なわが地面に当たる瞬間にジャンプします。

 

●ステップ4:連続して跳ぶ
最後は両手でなわを持って、連続してジャンプする練習です。3つのステップで体得したことを踏まえ、自分のペースで跳んでみましょう。

 

出典:<誰でも簡単! なわとび上達のコツ>前回しとびの練習 ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A