元Jリーガー直伝 初心者でもドリブルが上達する練習法

元Jリーガー直伝 初心者でもドリブルが上達する練習法子どもたちが大好きなスポーツの筆頭ともいえるサッカー。プロの選手のように、自由自在にボールを操れるようになりたいと願う子どもは多いだろう。華麗にボールを運ぶドリブルの上達法を、「ちゅうコーチ」としておなじみの元Jリーガー・中里宏司氏に教えてもらった。

 

***

 

ドリブルが上達すれば、向かってくる相手を次々と抜いてシュート! といったこともできるようになるかもしれません。「足のいろいろな部分でボールに触る」「顔を上げて前を見る」「右足と左足、どちらでもできるようにする」という3つのポイントを意識して、親子で練習してみてください。

 

●その場でボールタッチ
ドリブルの基本となるボールタッチの感覚が自然と身に付きます。

 

(1)ボールを動かさないように、左右の足の裏で交互に触る
(2)ボールを両足の間に置き、左右のインサイド(足の内側)だけで交互に触る
(3)斜め前に置いたボールを足の裏で引き寄せ、同じ足のインサイドで逆斜め前に押し出す

 

●ジグザグドリブル
ペットボトルに水を入れて5本ほど立て、その間をジグザグに進みます。思いどおりにボールを運ぶテクニックを学べます。

 

(1)インサイドでボールに優しくタッチしながら運ぶ。顔を上げて、ボールとボトルの両方を見る
(2)アウトサイド(足の外側)でボールを運ぶ。軽く押し出すようにタッチ
(3)インサイドとアウトサイドを交互に使ってボールを運ぶ

 

●ドリブル列車
前の人は、好きな方向にドリブルして進む運転手、後ろの人は運転手についていく列車のようにドリブルします。後ろの人は、ボールだけを見ていたり、大きく蹴ったりしてしまうとついていけません。前の人の動きに合わせることで、さまざまな方向にドリブルするテクニックを覚えられます。

 

出典:<小学生・サッカー初心者の練習法>ドリブル -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A