一度はやってみたい! かっこいい「フェイント」テクニックを元Jリーガーが伝授!

一度はやってみたい! かっこいい「フェイント」テクニックを元Jリーガーが伝授!日本中がワールドカップの熱気に包まれる中、子どもたちのサッカー熱もますます高まっているのではないだろうか。特にドリブルで相手を抜いていく時に使う「フェイント」はとてもかっこよく、ぜひ身に付けたいテクニックのひとつ。そこで、元Jリーガーで、通称「ちゅうコーチ」として親しまれる中里宏司氏に、基本的なフェイントのひとつ「シザースフェイント」のトレーニング法を伝授してもらった。

 

***

 

シザースフェイントは、片方の足のアウトサイド(足の外側)でボールを蹴ると見せかけて、もう片方の足のアウトサイドでボールを素早く押し出し、相手を抜いていくフェイントです。

 

(1)その場でシザースフェイントを練習して、動きを覚えます
自分の足元にボールを置いて、軸足(支える足)となる左(右)足を、ボールの左(右)に、足先がやや右(左)斜めを向くように踏み込みながら、右(左)足のアウトサイドでボールを蹴るように近づけ、ボールに足が当たる直前で足をボールの向こう側に回し、そのままボールの右側へ、ボールをまたぐような感じで素早く足を動かして地面につけます。そしてすぐに、今度は右(左)足を軸足にして、左(右)足のアウトサイドでボールを自分の左(右)斜め前に押し出します。

 

●フェイントをかける足は、ボールの向こう側を、できるだけ地面から離れないように、足だけではなく、上半身もまたぐほうに大きく、素早く動かします
●自分の得意な足だけでなく逆足(得意でないほうの足)でも練習しましょう

 

(2)5メートルほど先に置いたペットボトルに向かってドリブル
ペットボトルの直前でシザースフェイントをかけ、どこでフェイントをかけたらよいのか、距離やタイミングを覚えます。まずはゆっくり、正確にフェイントすることを心がけ、次第に速くしていきましょう。

 

●目線をやや上に上げ、ペットボトルとボールを両方見ます

 

出典:フェイント -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A