【中学受験】コロナ感染拡大で塾の対面授業が不安 「オンライン個別指導」も検討したほうがよい?

新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、今後中学受験塾での対面授業が難しくなることも考えられます。そうした中で中学受験を控えた6年生のお子さんは追い込み時期をどのように乗り切ればよいのか、森上教育研究所がお伝えします。

塾の対面授業が困難になった場合は個別指導を加えることも検討を

1対多人数のオンライン授業で力を付けるのは困難なことも

昨年は大手塾の多くが対面授業を停止し、オンライン授業や動画配信などの形で授業を行う事態となりました。今年は対面授業の停止までは至っていないものの、感染拡大が深刻化する中で対面授業に不安を感じ、オンラインでの受講を選択されるご家庭も出てくるかと思います。

しかし、昨年の経験から1対多人数のオンラインでの一斉指導では小学生が力を付けていくのはかなり難しいということがわかってきています。お子さんが追い込み時期にも着実に力を伸ばしていくためには、お金をかけることが可能であれば1対1のオンラインでの個別指導を加えて塾のオンライン授業を補完することをおすすめします。

よい指導者を見付けることができれば効果が大きい個別指導

塾での学習はよいペースメーカーとなるのですが、1対多人数のオンライン授業の場合、お子さんが授業に集中できていなかったり、理解が不十分であったりしても塾の先生は気づかない場合があります。しかし、1対1であればオンラインであってもすぐにお子さんの様子がわかりますから、きめ細かいフォローが可能になりますし、志望校の傾向に応じた学習も可能になりますから、着実に学力を伸ばしていくことができます。

よい指導者に頼むことが前提条件とはなりますが、業者による斡旋であればお試し授業を1,2回体験できる場合もありますし、どうも指導がよくない、お子さんとタイプが会わないという場合は指導者を変えていただくことも可能な場合がほとんどです。親御さんは指導を受けるお子さんの表情などに注意し、問題があるとなった場合はどのような指導をしてほしいか、お子さんの代わりに詳しく伝えることが大事です。

直前期は親子関係を悪化させないように工夫を

「斜め関係」の大人にアドバイスしてもらう

受験の追い込み時期に入ると、親子共々焦りが出てくる場合も多く、親子関係が悪くなってしまったり、子どもが言うことを聞かなくなったりすることもあります。そういった状況を防ぐためには、親御さんからお子さんに直接アドバイスをするのではなく、「斜め関係」の大人に親の代わりにアドバイスをしてもらうことが有効です。お子さんも素直にアドバイスを聞き入れられることも多く、親御さんはお子さんを支える役割に徹することができます。

ただし、通常であれば「斜め関係」の大人の役割は塾の先生に担ってもらえるのですが、塾がオンライン授業になってしまうと、なかなか頼れません。その場合は、個別指導の先生、親戚のおじさんおばさん、ちょっと年上のお兄さんお姉さんなど、頼める人に積極的に頼りましょう。

お子さんとの関係が悪くなってから慌ててそういうかたを探すのでは間に合いません。「斜め関係」の大人は受験期だけではなくお子さんが思春期の間、良き相談相手として必要になりますから、お子さんに響く言葉をかけてくれるような大人と普段からよい関係を築いておきましょう。

まとめ & 実践 TIPS

塾をオンライン授業に切り替えた場合は、お金をかけることが可能であれば1対1のオンラインでの個別指導で補完することをおすすめします。
その際、指導を受けるお子さんの様子に注意して問題がある場合は指導者を変更していただくことも大事です。
受験の追い込み時期は、親子関係が悪化しないよう「斜め関係」の大人にアドバイスをしてもらのも大切です。塾の先生に頼れない場合は、個別指導の先生、親戚のおじさんおばさんなど、頼める人に積極的に頼りましょう。

プロフィール

森上展安

森上展安

森上教育研究所(昭和63年(1988年)に設立した民間の教育研究所)代表。中学受験の保護者向けに著名講師による講演会「わが子が伸びる親の『技』研究会」をほぼ毎週主催。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A