「勉強と部活」両立できる?高3の部活を続けてみたら【大学受験】

高校生活で大きなウエイトを占めているのが「部活」です。とはいえ、保護者としては、思う存分部活に励んでほしいと思う一方で「勉強は大丈夫なのかしら」との心配も募るところ。ことに受験生のご家庭では、「引退するか、夏以降まで続けるのか」が大問題となることもあるようです。そこで今回は、先輩保護者の声から受験期の「部活と勉強」の両立の実態を探ってみました。

先輩ファミリーに聞く! 部活、いつまで続けたの?

受験期に入った子どもにとって、部活を「いつ引退するか」は大きな悩みどころです。「高3の5月末に全員引退」「この大会に負けたら引退」など、引退時期が決まっている場合もありますが、任意で続けられる場合も多いもの。そのような中で、先輩たちはいつごろ部活を引退したのでしょうか? 先輩保護者に聞いてみました!

データ出典:全国の保護者を対象にしたアンケート(2009年3月実施)より(N=103)

6月~8月引退が多数!秋以降も続けた受験生も約2割

グラフによると、引退のピークは高3の6月から夏までの3か月間となっています。部活を辞めて受験に打ち込むか、それとも最後まで両立し続けるか…。この時期は、子どもから相談を受ける保護者も多いことでしょう。
一方で、高3の夏休み明けも部活を続けた子どもも2割に達しています。明確な「引退宣言」を行わず、たまに顔を出して汗を流す子どもも多い様子です。

引退はひとつの区切りではありますが、それをどのようにむかえるか、その後どう学習に向き合うのかはそれぞれ異なる様子です。先輩ファミリーの体験談を覗いてみましょう。

体験談:わが家の引退、こうでした!

わが家の場合は、部活を引退することが、大学受験への切り替えの役割を果たしたと思います。辞める時期はそれぞれだと思いますが、区切りをつけて次の目標に向かうという意味でメリットがあったと思います。
(愛知県/Y・T/男性保護者・46歳<子どもは茶道部>)

朝早くからの練習、平日のクラブ活動、土日の試合などで引退するまでほとんど勉強する時間がありませんでした。野球部は一番引退が遅いので保護者としては焦りましたが、高校野球夏の大会の予選を一つでも勝ち抜けるように、引退までは部活優先と決めて応援しました。
(大阪府/H・Y/女性保護者・55歳<子どもは野球部>)

いつ引退するにせよ、自分で区切りと決めた時期まで好きな部活に思いっきり集中することで切り替えができ、部活も受験も悔いなく取り組めるのかもしれません。

子どもが部活を続けることに、賛成?反対? 先輩保護者のホンネを教えて!

高3になっても部活を続ける子どもを見守る、保護者の心理は複雑な様子。先輩ファミリーは部活を続ける子どもに心から賛成できたのでしょうか?それとも…?アンケートで、ホンネをお答えいただきました!

データ出典:全国の保護者を対象にしたアンケート(2009年3月実施)より(N=77)

賛成7割:心配3割

グラフによると、高3になっても子どもが部活を続けることに、積極的に「賛成」した保護者は約半数。「賛成」「どちらかと言えば賛成」を合わせると、約7割の保護者が「賛成」という結果になりました。
一方で、部活と受験の両立に不安を感じていた保護者も少なくない様子です。「どちらともいえなかった」「どちらかと言えば反対」「反対」をあわせると、約3割となりました。勉強を全くする様子がない子どもに対してやきもきしたという声が多く見られました。

「子どもの気持ちを尊重したい」「でも、心配」とゆれ動く胸のうち。そんなとき、先輩保護者は子どもに対してどのような声かけをしていたのでしょうか?体験談を覗いてみましょう。

体験談:両立に賛成?反対? 保護者がかけた子どもにかけた言葉は?

両立を望む子どもには、「部活を続けた結果、時間の制約のため大学受験がうまくいかなくなる可能性もあるが、それで得られるものも大切」というアドバイスをおくりました。部活を辞めたとしても空いた時間を有効に使えるとは限らないし、むしろ部活を全うした方がその後伸びるのでは?と思ったからです。
(神奈川県/G・T/男性保護者・48歳<子どもはサッカー部>)

部活を辞めたいと言ったとき、私は「辞めちゃえば」と言いましたが、結局本人は部活を続けました。本音を言えば、部活を辞めて早めに塾にでも行ってもらいたかったです。結局あまり勉強しなかったことを今でも残念に思っています。でも、本人は良い思い出ができて良かったと思っているようです。受験にはマイナスだったけど、人生にとってプラスなっているのかもしれません。
(愛知県/K・K/女性保護者・47歳<子どもはバドミントン部>)

受験も部活も長い人生の中の大事な1シーン。子どもの意志を尊重しながら、受験期の経験がその後の人生の糧になるよう導いたとの声が多くあがっていました。

まとめ & 実践 TIPS

受験期の部活と受験の両立について、先輩ファミリーは、高3の6~8月に「部活を引退した」というご家庭が多かったようです。高3になっても部活を続ける子どもを見守るのは複雑な心境で、保護者の本音を問うアンケートでは、7割が「賛成」3割は「反対」という結果でした。
子どもへの信頼と心配の間でゆれ動くことの多い、受験期の親ごころ。引退するか、両立するか、ご家庭により決断はさまざまですが、子どもの決断を尊重する姿勢がなにより大切な様子です。

出典:マナビジョン 「部活と勉強」両立法 受験と部活は2者択一?
https://manabi.benesse.ne.jp/lab/parent/study/study004/index.html?utm_source=kj&utm_medium=banner&utm_campaign=manabi

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A