どう使う? 模試の成績表[高校受験]

模擬試験の機能は、志望校との距離をはかるだけではありません。志望校との距離をどうすれば効率よく縮められるか、受験勉強の方針決定に役立つ便利なツールといえます。
今回は、模試の成績表の活用法についてお話しします。

模試は「課題発見」のツールとして活用を

模試の成績表が返ってくると、志望校の合格可能性と偏差値だけを見て一喜一憂しがちです。成績が思わしくない場合、保護者のかたが不安になるのは当然ですが、その気持ちをそのまま子どもにぶつけて、いきなり叱りつけたり責めたりしないことが大切です。また、その日の体調や集中度しだいで、かなり成績に差が出ることを意識しておきましょう。
模試はむしろ、志望校に合格するためには、何をどのくらい勉強する必要があるかを知るための「課題発見ツール」として活用すべきです。成績表には合格可能性だけでなく、教科別の偏差値や成績の推移、単元別や出題形式別の分析なども記されていることが多く、今後の受験勉強の計画に役立ちます。

特に重視したいのは「苦手単元の発見」と「ミスの傾向の発見」の2点です。苦手な単元の克服と、おかしやすいミスをなくすことに注力すれば、まだまだ得点力は伸びていきます。とはいえ、自分の苦手やミスを分析するのはおっくうになりがちなので、保護者のかたが「模試の結果、一緒にチェックしてみようか」と声をかけてみることをおすすめします。

成績表を受け取ったら、まず冷静に読みながら、どうアドバイスするのが効果的かを考える時間を取りましょう。また、いきなり試験の内容に入るより、お子さまに、当日の様子をいろいろ話してもらうと良いでしょう。また、保護者のかたがまず「良かったこと」を指摘するのもおすすめです。以前は白紙にしていた記述問題や応用問題に取り組んでいる、漢字や英文の書き方が正確になったなど、たとえ得点と結びついていなくても、どこかしら良い変化はあるはずです。良い点を見つけることから始めて、互いに「話しやすい雰囲気をつくる」ことが大切です。

苦手単元をどう克服するか?

苦手な単元を発見し、確実にできるようにすることが合格可能性アップの最良の手段です。その単元に取り組む時間をつくり、いつまでに、どんな教材を使って苦手克服をするか、お子さまに自分で考えさせることが大切です。「この単元をいちばん頑張らなきゃいけないね」などとざっくりと指摘してあげてください。話し合っているうちに、「その単元は、2年で習った時も苦手だったけどまだ復習が追いついてなかったな」「今月はそこを先にやろうかな」などと、お子さまの中で方針が固まっていけばよいと思います。

ミスの傾向をつかみ、得点力をつける

単位や記号の付け忘れ、計算ミス、設問に合った答え方ができていない、記述式問題で制限字数の8割以上書けていないなど、おかしやすいケアレスミスにも人によってくせがあります。ミスの傾向をお子さまと一緒に発見し、ミスをなくすようにアドバイスしてあげてください。また、時間配分に失敗して実力が発揮できなかったケースもあります。「後ろのほうは書けてないけど、時間が足りなかったの?」「そういえば、ここの難問に時間を取られたな。先にこっちをやればよかった」などと、答案を見ながらやりとりする中でお子さまが自分で課題を見つけられるとよいですね。入試問題を解くのに必要なスピード感は、何度か模試を経験するうちについてきます。

模試での失敗は前向きに生かして

入試本番にもトラブルはつきものです。会場の物音や隣の人の様子が気になって集中できない、勉強したはずのことをど忘れして焦る、といった経験は、保護者のかたにも覚えがあるのではないでしょうか。
いつでも実力を発揮できるようになるためには、予期せぬことがあってもすぐに平静さを取り戻せる、「リカバリーする力」が大切です。
模試での失敗は、リカバリーする力を鍛える良い経験になりますので、前向きにとらえ、次回に生かせるようにアドバイスしていただければと思います。

プロフィール

安田理

安田理

大手出版社で雑誌の編集長を務めた後、受験情報誌・教育書籍の企画・編集にあたる。教育情報プロジェクトを主宰、幅広く教育に関する調査・分析を行う。2002年、安田教育研究所を設立。講演・執筆・情報発信、セミナーの開催、コンサルティングなど幅広く活躍中。
安田教育研究所(http://www.yasudaken.com/)

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A