誘惑に負けそうな自分が怖い、なう。[大学受験]

予備校には高校生活のような期待をしてはおりません、とか言っていたムスメも
友だちがいなかったり、楽しい行事がなかったり、ましてや大した息抜きもなく勉強漬けの毎日、
あっという間にストレスがたまってきたようです。

ムスメのストレス指数は部屋の散らかり加減でわかります。
通常営業でしたらスッカーンと整理整頓されているのに、いつのまにやらどんよりしている。
人目につかない押入れの奥の奥でも、「こういうところが乱れていると負のオーラに支配される。」と、
まるで夢見がちなライトノベルのようなことを言いつつ、スッコーンと整えていたムスメの部屋なのに。

どんよりした部屋でどんよりしているムスメを見ているのは、なかなか疲れるものです。
こういうことは去年もあったな。こういうとき親が何を言ってもダメだったな。
さすが受験生の母親経験者であるところのワタクシ、今年はまだまだ余裕があります。
しかしながら、「毎日の誘惑に負けてしまいそうな自分がいやなんだよ……。」というムスメからの
意外な言葉にはちょっとドキッとしました。

毎日の……誘惑……だと!?

ムスメがそんなものと戦っていたとは知りませんで、私は少々焦りました。
九州から関東に引っ越してきたときにも、それほど大きな動揺もなかったように見えたムスメが!
ぬううう、それが本当だったら対策をとらなければならないのでは?
いやいや、それは過保護というもので、自分で解決してこそではないのか?

よくよく聞いてみれば、帰り道の「いいニオイ」が耐え難い誘惑ということで、ギャフーンなわけですが、
とりあえず、目の前に迫った誘惑にも負けずにいられたのは、再度の受験に対する自信になった……、
などというのは野暮なことでしょうね。

いや、別にそれくらいの誘惑ならば負けたっていいじゃないの。
負けるが勝ちともいうことですし、週に何回かは負けておいで。
その際に、ぜひとも母のためにレバー(たれ)を何本か買ってきてくれやしないか。

で、そのあと部屋でも片付けてスッキリ気分で生活しましょうよ。

プロフィール

おぐらなおみ

おぐらなおみ

マンガ家、イラストレーター。「子育てレインボウ」「育児バビデブー」「働きママン1年生」など著書多数。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A