ファッションデザイナーってどんな職業? どうすればなれる?

世の中にはたくさんの職業があります。どんな仕事内容で、どういう人が向いているのか知っておくことは、自分の可能性を広げるためにも、大いに役立つでしょう。今回は「ファッションデザイナー」を取りあげます。

 

ファッションデザイナーとは?

 自分の頭の中にあるアイデアをもとに、さまざまな服飾品のデザインを手がけるのが、「ファッションデザイナー」という人々です。

 ファッションデザイナーには、繊維メーカーやアパレルメーカーに勤め、大量生産できる洋服のデザインに取り組む「企業内デザイナー」と、自分のブランドを持ち、顧客からの注文に合わせてオリジナルなデザインを創作する「オートクチュール(高級注文服)デザイナー」がいます。

 

 

ファッションデザイナーの仕事の内容

 洋服作りは、ファッションデザイナーが新作のデザインを決定するところから始まります。その後、型紙の製作、織物のデザインなどの工程を経て製品ができあがりますが、ファッションデザイナーの仕事は最初に行われる分、あとの工程のことも意識してデザインを考える必要があります。デザイナーと言っても決して『個人プレー』ではなく、『チームプレー』なのです。

 

 

ファッションデザイナーになるために必要な資格

 ファッションデザイナーをめざすなら、大学や短大の被服学科、服飾学科などで服作りのための技術と知識を学ぶのが一般的です。服飾の専門学校で勉強するという方法もあります。服の作り方を学んだら、繊維会社やアパレルメーカー、ファッションデザインの専門店などで経験を積んでいくのが王道です。実力が認められれば、一流のデザイナーとして独立することもできるでしょう。

 

 評価されるための近道として、さまざまな団体が企画するファッションコンテストに参加し、入賞をめざす手もあります。

 

 

ファッションデザイナーの将来性は?どんな性格の人が合っている?

 いつの世も、ファッションに対する注目はとどまるところを知りません。ファッションデザイナーもファッション界の担い手としてますます注目を浴び、今後はさらに激しい競争を繰り広げていくと予想されます。

 

 クリエイティブな職業であることから、感性に優れ、先々の流行を予測する確かな目を持っている人に向いています。また、服作りはチームプレーなので、仲間たちやお客様と円滑にやりとりするコミュニケーション能力も求められる職業です。

 

 

参考:

ファッションデザイナー | 大学・学部・資格情報 | Benesse マナビジョン

http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/123/

プロフィール

ベネッセ 教育情報サイト

「ベネッセ教育情報サイト」は、子育て・教育・受験情報の最新ニュースをお届けするベネッセの総合情報サイトです。
役立つノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで豊富なコンテンツを配信しております。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A