広告代理店で働くには?

世の中にはたくさんの職業があります。どんな仕事内容で、どういう人が向いているのか知っておくことは、自分の可能性を広げるためにも、大いに役立つでしょう。今回は「広告代理店勤務」を取りあげます。

 

広告代理店勤務とは?

 「広告代理業」とは、さまざまな企業の商品やサービスの広告戦略を考える仕事のことです。企業からの依頼を受けて、商品やサービスが消費者から魅力的に見えるようなアイデアを考え、かたちにすること。これが、広告代理店で働くということです。

 

 

広告代理店勤務の仕事の内容

 最初は、顧客である企業から「自社の商品(サービス)をPRしてほしい」という依頼を受けるところからスタートします。依頼をもとに商品やサービスの広告戦略を企画したら、企業の担当者と打ち合わせを重ねてより顧客のイメージに近いかたちに仕上げていきます。

 ほかにも、広告枠を管理したり、マーケティングを行い消費者の動向を調べたりするのも大切な務めです。

 

 

広告代理店で働くために必要な資格

 多くの場合、広告代理店では資格の有無や学んできた分野を採用の基準に設定していません。分野にかかわらず幅広く人材を集め、入社後本人の適性に合わせた部署に配属する、というやり方が一般的です。

 ただし、デザインや映像など芸術的な分野や、どんなジャンルでも通用するオールマイティーな知識を備えていれば活躍のチャンスが広がるでしょう。

 

 

広告代理店勤務の将来性は?どんな性格の人が合っている?

 近年めざましい発展を見せているのが、インターネット広告の世界です。動画サイトに挿入されるCMなども増えており、今はまだない広告の新しいかたちが出現すると考えられます。

 広告を企画するときは、多くの人と協力して進めていくのが一般的です。そのため、大勢の意見を集約する調整力が必要です。さまざまな分野に精通し、流行を逃さない嗅覚を持った人に向いているでしょう。

 

 

参考:

広告代理店勤務| 大学・学部・資格情報 | Benesse マナビジョン

http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/094/

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A