この状況はあれに似てるね!と言いたい なう。[大学受験]

夏ですね。
ムスメにとって高校生活最後の夏休みがやってきました。
入学時には、「在学中に母校を甲子園球場で応援する夢」を持っていました。
もしも今年、野球部が全国大会出場なんてことになったら、取るものもとりあえず、
応援に馳せ参じようね! 受験勉強はそのあとでいいよね! なんて話をしておりましたが、
残念ながら地区予選大会で敗退、一気に「夏も青春も終わった」気分らしいです。

夏休み前の7月、三者面談がありました。実はこれも、高校生活最後の三者面談なわけですね。
(3年生になると、どうしても冒頭に「最後の」が付いて、思い出のアルバムにペタペタと
貼っていくことになります。)
最後の三者面談、内容はもちろん受験のことが中心でしたが、印象に残ったのが、
「そろそろ逆算をしたほうがいい」というアドバイスでした。
苦手分野はどこ? それを重点的にやりたいとしたら、問題集は何ページある?
センター試験まではあと何日? その問題集を日数で割ったら、一日あたり何ページやればいいか
わかるでしょう? やみくもに焦りながらガリガリ勉強するよりも、そのほうがいいよ。
特にあなたのような、がんばりすぎて調子を崩すタイプにはおすすめだよ、とのこと。

そして、やはり夏休みになると早寝早起きの習慣が崩れがち。秋になって調子を戻そうと
思ってもなかなか大変なので、生活習慣を整えておいたほうが、あとあと楽らしいです。

志望校についても聞かれましたが、ムスメの第一志望はやはりチャレンジ校。
今の段階ではかなり厳しいが、ここで希望を変えるよりも、まずはセンター試験をがんばろう。
センター試験の結果によって、希望を変えざるを得ないかもしれないけれど、とりあえず今は
自分を信じて努力するしかない、ということで収まりました。
で、さりげなく、本当にさりげなく「浪人も視野に入れてる?」ということも聞かれて、
うおおおお、やはりそれも考えておかなければならないのか! そうだよね、センター試験の
結果如何(いかん)では、浪人覚悟で第一志望を受けるのか、それとも志望校を変えるのか、
現実的にはそんなことも話し合わないといけないのよね!
夏の暑さとは関係ない、冷たい汗が流れます。とにもかくにもセンター試験だ!

……で、マンガの最後のコマで私が何を言おうとしていたかと申しますと、
「とにもかくにもセンター試験」(センター試験の結果が出たら、第一志望の大学を
本当に受けるかどうか考える)この言葉はまるで、「暑さ寒さも彼岸まで」みたいだね!
……なんてことを言おうかと思っていたのですが、よくよく考えてみればそんなに意味も
合ってないし「うまいこといった!」と感心されるようなことでもなかった。

言わなくてよかった……。先ほどとはまた違った感じの汗が背中を流れたのでした……。

プロフィール

おぐらなおみ

おぐらなおみ

マンガ家、イラストレーター。「子育てレインボウ」「育児バビデブー」「働きママン1年生」など著書多数。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A