ちょっと何言ってるのかわかりません、うぃる。 [大学受験]

10月ですね……あっという間ですね……。

ちょっと小耳に挟んだところ、そろそろセンター試験の出願が始まってるんですって?
早い! 早すぎる! センター試験なんて来年1月ですよ? 来年の話なんて鬼が笑いますよ!?
そしてそろそろ親同士で「第一志望決まった?」「うん、こちら側は決まったけど……」
「大学側が受け入れてくれるかどうかわからない?」「そうそう(笑)!」あっはっはー!みたいな
お約束の会話も交わされる頃です! 鬼も親も大爆笑だ!

……すみません、ちょっと取り乱してしまいました。来年の今頃はうちのムスメも
出願しているのかと思うと、その「いよいよ感」が私を混乱させてしまうのです。

9月の始めに運動会が終わりました。
実は運動会の前にムスメは体調を崩してしまい、一週間ほど熱が続いて学校を休むことになり……。
満足のいく準備ができずに、地団駄を踏んでいたような状態でした。
しかし仲間の助けを借り、なんとか無事に終えることがきたようです。ありがたい話だ。
ムスメはムスメで体調管理の大切さ、そしてそれに相反するようですが、
たとえどんなに気を付けていても体調を崩すときはあり、そのときはもう休むしかないという
ある意味「開き直ることの大切さ」みたいなものも、実感として得たようです。

今年の、あの、すべてのやる気を奪っていくような、えげつなーい暑さが終わり、
クラスの雰囲気も「そろそろ勉強でもするか?」みたいな流れになっていっているようです。
最近ムスメの口から「大学ではこういう生活をしたい。」というような言葉が多くなりました。

夢を見るのはとても大切。小さな夢も大きな夢も、ぜひとも実現させてほしい。

しかし「大学生活3年間」というのは、ちょっと何言ってるのかわかりません。
あと1年プラスして、4年間は生活してほしい。それ以上はちょっと勘弁だけど。

プロフィール

おぐらなおみ

おぐらなおみ

マンガ家、イラストレーター。「子育てレインボウ」「育児バビデブー」「働きママン1年生」など著書多数。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A