大ざっぱで強気な子どもの受験指導は、「いかに早い時期にやる気にさせるか」

大ざっぱで強気な子どもの受験指導は、「いかに早い時期にやる気にさせるか」大ざっぱな性格の小5男子を持つ母親の悩みは、我が子が計算や漢字のケアレスミスで減点されること。性格的なものなら早めの対処が必要、と平山入試研究所の小泉浩明氏が注意を促す。

 

***

 

【質問】
計算のケアレスミスが多いです。かけ算、わり算の筆算をしっかり書かず、見直しもしません。算数塾やそろばんには通わず、100ます計算を自宅でやりました。本が好きで、国語も漢字以外は得意です。算数の文章題も理解はしているのに、計算のミスで減点されます。(小5男子の母親)

 

【小泉氏からのアドバイス】
「計算のケアレスミスが多い」「見直さない」「国語も漢字以外は得意」などは、大ざっぱで強気なタイプによくある特徴です。このタイプは物事を楽天的に考える傾向が強く、多くの場合は根拠のない自信で「なんとかなる」と考えます。そして、いよいよ間に合わなくなると、あっさりと目標をあきらめたり、変えたりする潔さがあります。受験時に慌てないよう、今すぐにも手を打つ必要があると思います。

 

指導ポイントは、「いかに早い時期にやる気にさせるか」。論理的かつ具体的な指導が、このタイプには特に大切です。今の実力と志望校合格のために必要な力は、客観的に比べてどのくらい差があるのか? 差を埋めるには何を、どのくらい、いつまでに勉強すればよいのかを具体的に示します。抽象的ではダメ。模擬試験のデータを見せながら、特に平均点近くの1点、2点が差を大きくすることを納得させましょう。

 

「志望校に合格したい」でも「つらい思いはしたくない、先送りしたい」と思う子どもに伝えるには、塾の先生など専門家の力を借りると納得性が高いかもしれません。一度納得して勉強を始めても、「痛いこと」を避けたがる性格ですから、もとに戻る可能性があります。計画的に勉強できているか、結果は出ているか、学期末ごとにチェックすることが大切です。

 

出典:文章題は理解しているのに、計算のミスで減点されます[中学受験] -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A