小中学校の「30人学級」は、いつ実現できる?「40人学級」ではソーシャルディスタンスを取るのが難しい!

文部科学省は、2021年度の概算要求に「少人数によるきめ細かな指導体制の計画的な整備」を盛り込みました。要求額や具体的な内容を示さない「事項要求」としており、12月末の予算編成までに検討するとしています。一方、政府の教育再生実行会議や与党からは「30人学級」を求める声が挙がっています。現在は原則40人学級となっている、公立小中学校の学級定員の引き下げは実現するのでしょうか。

この記事のポイント

民主党政権下でも引き下げ困難

公立小中学校の先生の給与費は、国が3分の1を負担しているため(義務教育費国庫負担制度)、先生の数も、法律(義務標準法)と国(文科省)の予算によって、大枠が決まります。
1学級当たりの児童生徒数(学級定員)は、1959~63年度の「第1次教職員定数改善計画」で50人とされたのを皮切りに、64~68年度の第2次計画で45人、80~91年度の第5次計画で40人に引き下げられました。

しかし定数改善計画自体が、2001~05年度の第7次計画を最後に、15年間も策定されていません。民主党政権(09年9月~12年12月)は、全学年を35人学級とする計画の策定を目指しましたが、結果的に小学校1年生しか実現できませんでした。
その間、通常学級での特別支援教育や、いじめ対応など、子どもの指導が複雑化しているにもかかわらず、原則として40人学級が、約30年も続いてきたわけです。

1人1台端末の整備も後押し!?

そんな中、学級定員の引き下げ論が急浮上したのは、新型コロナウイルス感染症の拡大でした。
3月以降の長期休校後、学校再開に当たっては、クラスの半数ずつを登校させるような「分散登校」を行った学校が少なくありませんでした。全面再開後も、教室内で「ソーシャルディスタンス」を取る必要があります。しかし40人ギリギリのクラスでは、教室が狭く、距離を取ることもできません。

休校措置に伴い、オンライン学習の必要が高まったことも、間接的に影響しています。政府は、1人1台端末の整備を目指す「GIGAスクール構想」の実現を、20年度中に前倒しすることにしました。学校の授業でも、端末を「普段使い」することが求められます。現在、教室の机は、教科書やノートを広げたらいっぱいですが、端末も置けるよう大きくしなければなりません。それには、やはり教室が狭すぎます。
いずれの場合も、教室を広げるより、学級定員を引き下げた方が早い——というわけです。

時間を掛ければ少子化でチャンス

これまでも学級定員をめぐっては、一人一人に目を行き届かせ、きめ細かな指導を行うため、引き下げを求める声が、根強くありました。しかし、国の財政事情も厳しいことから、具体的な検討さえ、はばかられるような状況が続きました。それがコロナ禍によって、一気に引き下げを求める声が高まった、というわけです。

まとめ & 実践 TIPS

文科省は、今後10年程度かければ、少子化に伴って児童生徒数も減るため、それほど国の財政負担を増やさずに、少人数学級も実現できるのではないか、という見通しを持っています。

世界一多忙と言われる先生方に「働き方改革」が求められる中、教職員定数は、教育の質に直結する問題です。ぜひ具体的な検討を進めてほしいものです。


2021年度文部科学省概算要求 発表資料
https://www.mext.go.jp/a_menu/yosan/r01/1420668_00001.htm

教育再生実行会議 初等中等教育ワーキング・グループ 第1回配布資料
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/jikkoukaigi_wg/syotyutou_wg/dai1/siryou.html

プロフィール


渡辺敦司

著書:学習指導要領「次期改訂」をどうする —検証 教育課程改革—


1964年北海道生まれ。横浜国立大学教育学部卒。1990年、教育専門紙「日本教育新聞」記者となり、文部省、進路指導問題などを担当。1998年よりフリー。初等中等教育を中心に、教育行財政・教育実践の両面から幅広く取材・執筆を続けている。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • がんばっているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みを持つ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ 教育情報まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

記事ランキング

子育て・教育Q&A