「原因追究」が子どものやる気を奪う?[やる気を引き出すコーチング]

「どうして、いつも時間に間に合わないの?」
「だって、忙しいんだもん」
「なんで、そんなに忙しいの?」
「やることがいっぱいあるの!」
「そんなの最初からわかっていることでしょう! どうして、前もって準備しておかないの?」

このような会話、ご家庭でも時々、起きていませんか? こんなふうに質問されると、どんな気持ちになっていきますか? そもそもやる気は湧いてきますか? 今回は、ちょっとだけ質問の仕方を変えてみたことで、お子さんの行動が変わったとおっしゃるAさん親子の会話をご紹介したいと思います。



「原因追究」よりも「解決思考」の質問をする

「どうしたら、出かける前に準備ができるかな?」
「うーん、もうちょっと早く起きたら」
「なるほど! もうちょっとって、どれぐらい?」
「30分ぐらいかな」
「そう。たとえば明日、どうしたら、30分早く起きられるかな?」
「早く寝る!」
「そうだね、何時に寝る?」
「12時までには」
「うん、できそう?」
「やってみる!」
「いいねー! やってみようよ! あと、今日のうちに、やっておいたほうが良いことって、何かあるかな?」
「うーん……、持っていくものの準備。あ! これ、明日までに提出だった。今、やる!」

お子さんが行動を起こし始めるのが見えてくるような会話です。冒頭で紹介した会話と何が違うのでしょうか?
何かうまくいかないことがある時、どうしても、「うまくいかない理由」に焦点をあてて、会話を始めてしまうことはありませんか? 「なぜ、間に合わないの?」「なぜ、準備しておかないの?」と、できない原因を探ろうとしてしまいますが、これこそが、「やる気を引き出さない」アプローチなのです。質問されているというよりは、できないことを責められていると、相手は感じてしまいます。

一方で、Aさんがお子さんに対して投げかけている質問は、「どうしたら、準備ができるかな?」「どうしたら、起きられるかな?」「今日、やっておいたほうが良いことは?」など、解決するにはどんな行動が必要なのかを子ども自身に考えさせる質問です。なぜ、できないかは結局わからなかったけど、やってみたらできた!ということはたくさんあるはずです。原因を究明することにこだわらず、思考を解決策のほうに向かわせる質問をするのは、お互いにストレスが少ないと思いませんか。



「今、できること」を聞いてみる

人の行動を促すという仕事をしているわたしでも、恥ずかしながら、「やろうやろうとずっと思っているのになかなかできない」「やる気になれない」ことがよくあります。「どうしてやらないのか?」を考えてみても、「なんとなく気分がのらなくて」などという、「あなた、それでもコーチですか?」と言われそうな理由しか見出せない時もあります。
そんな時、ありがたいのが、やはり、コーチの存在です。わたしのコーチは、「どうしてできないの?」などとは聞きません。
「そのために、今週、時間がとれるとしたらいつ?」
「いつだったら取りかかれそう?」
「今日30分だけやるとしたら、どこから手をつける?」 
「どこまでだったらできそう?」
「誰に手伝ってもらったらできる?」
と、「できること」を聞いてくれます。

そうすると、「とりあえず、今日はここだけやってみるか。コーチと約束したし」という気分になります。そこで、ちょっとだけやりかけてみます。やり始めると、「もうちょっとやってみても良いかも」という気分になってきます。さらに、「なんだか調子が出てきた!」と行動が加速したりします。こんな時、「やる気が出ないから行動できない」のではなく、「行動するからやる気は湧いてくる」のだとしみじみ実感させられます。

「今、できることは何? それをちょっとやってみよう!」というアプローチは、できない理由をもんもんと考えているよりもずっと効果的な気がします。子どものころから、できないことに目を向けるのではなく、「今、何ができるか」を常に考える習慣を持ってほしいと思います。

『言葉ひとつで子どもが変わる やる気を引き出す言葉 引き出さない言葉』『言葉ひとつで子どもが変わる やる気を引き出す言葉 引き出さない言葉』
<つげ書房新社/石川尚子(著)/1,575円=税込み>

プロフィール

石川尚子

石川尚子

国際コーチ連盟プロフェッショナル認定コーチ。ビジネスコーチとして活躍するほか、高校生や大学生の就職カウンセリング・セミナーや小・中学生への講演なども。著書『子どもを伸ばす共育コーチング』では、高校での就職支援活動にかかわった中でのコーチングを紹介。

お子さまに関するお悩みを持つ
保護者のかたへ

  • 頑張っているのに成績が伸びない
  • 反抗期の子どもの接し方に悩んでいる
  • 自発的に勉強をやってくれない

このようなお悩みをもつ保護者のかたは多いのではないでしょうか?

\そんな保護者のかたにおすすめなのが/
まなびの手帳ロゴ ベネッセ教育情報サイト公式アプリ まなびの手帳

お子さまの年齢、地域、時期別に最適な教育情報を配信しています!

そのほかにも、学習タイプ診断や無料動画など、アプリ限定のサービスが満載です。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A