夏休みの自由研究での市販キットのメリット 安全・簡単で割安

Benesse教育情報サイトが、小学生を持つ保護者を対象に行ったアンケート(調査期間2008年8月/回答者数1305名)によると、約4割の保護者が小学生の夏休みの宿題の中で、自由研究がもっとも手こずると答えている。そんな悩みを解消すべく、自由研究をやり遂げるための実験・観察キットが何種類も売られているが、どのようなメリットがあり、そしてどう利用すると効果的なのだろうか。

 

***

 

アンケート結果によると、市販キットを使用した理由として圧倒的に多かったのが、「子どもが選んで、やりたがったから」というもの。とくに実験や工作系のキットを利用したという回答が多かった。

 

市販キットの大きなメリットといえば、実験道具がそろっていて、準備がラクだという点だ。実験方法の正しい説明書も付いているので、低学年の子どもでも安全に実験することができる。また、実験器具をひとつずつ揃えるよりも、割安になるという面も。

 

また、「実験をきちんとしてみたいけれど、できるかな、難しそう……」としり込みをしている低学年の子どもには、スタートのキッカケとして役立つ。やる気になったときすぐ取りかかれること、失敗が少ないこともメリットだ。さらに、自由研究のテーマが決まらない子ども&保護者にとっては、「キットを選べばテーマが決まる」ことも、魅力のひとつだ。

 

アンケートの回答のなかには、「学校でキットの使用は禁止」されているというケースもあった。そのような場合は、市販キットで実験のキッカケやコツをつかんだら、その後、ひと工夫を加えたり、発展させたテーマに取り組んだりすることで、自由研究が深く面白くなる。

 

出典:便利な市販の実験・観察キット。どんなとき、だれが使うとメリットがあるのか、また注意するポイントも知って、上手に活用しよう! -ベネッセ教育情報サイト

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A