宿題、片付けなどいろいろやる気がない息子【後編】[教えて!親野先生]

今週の相談

 

中学1年の息子は、成績は上位のほうですが勉強は宿題しかやりません。宿題もやる気がなく、いつも寝る直前にいやいややります。今はテニスしか楽しみがないようで、帰って来るとゲームで気を晴らしています。また、お菓子ばかり好きで、なおかつ、食べたものを片付けません。やる気が付いていかず、偏食ばかりしていて、身の回りのものを片付けないのです。子どもをほったらかしにしたわけではないのですが、がみがみ言う親を煙たがってばかりいます。今後、やる気を出させ、自分のことは自分でやるようにさせるにはどうしたらよいでしょうか?(こうたん さん)

 

【親野先生のアドバイス】

こうたんさん、拝読いたしました。

前回に引き続き、こうたんさんへのアドバイスです。

前編で「親のやる気を押し付けない」「子どものやる気の芽を見つけ支援する」「その時々で子どもにとって必要なことを考えてやる」という三つをお話しました。

これらに、次の二つを付け加えたいと思います。
キーワードは「ものの言い方」と「受容と共感」です。

まず、ものの言い方についてです。

日々の生活の中で、ものの言い方に気を付けてください。
親のものの言い方はとても大切です。というより、決定的に大切です。

マイナスイメージの言い方でなく、プラスイメージの言い方に翻訳して言ってください。

叱る言い方でなく、ほめる言い方に翻訳して言ってください。
「○○しなくちゃダメでしょ」「また、○○してない」などの言い方はやめましょう。

「○○すると気持ちいいよ」「○○するとうまくいくよ」などの言い方にしてください。


「○○できてるね」「○○ができるようになってきたね」「○○がうまい」「○○をがんばってるね」など、あたかももうそれができているかのようにほめると効果的です。
たとえば、片付けができない子がほんの少しでも出したものを棚に戻したら、「片付けうまくなったね」と言ってやればいいのです。
「できるようになったらほめよう」などと思っていると、永久にほめることはできません。
ほんの少しでも、またはまったく変わっていなくても、「うまくなったね」とほめてやればいいのです。

アイ・メッセージで伝えるのもいいでしょう。
アイ・メッセージなら、相手を非難しないで伝えたいことを伝えることができます。

時には、「○○しなさい」「○○しよう」などの単純命令形で言うのもいいでしょう。

「あなたは、いつもどうのこうの……」と余分なことを入れないで、単純に言えばいいのです。

相手にとって嫌なことを伝える時には、特に言い方に気を付けてください。
いきなり頭から叱るように言うのはやめましょう。
いくつかほめてから、それを言うようにするのといいでしょう。
先ほどのアイ・メッセージも効果的です。

相手の人格を否定する言い方は決してしないようにしてください。
「何度言ったらわかるの! ダメな子だね」
「○○もできないなんて、情けない」
「片付けができないのは、だらしがないからだ」
「嫌なことを後回しにするのは、ずるい子だ」
こういう言い方は、深く心を傷つけます。
そして、長く心に残ります。

親子だからどんなものの言い方でもいい、と思っていたら大間違いです。
親子と言っても人間関係の一つであることにかわりはないのです。
1対1の人間同士であることにかわりはないのです。

子どもは天からの授かりものではなく、預かりものなのです。
授かったもの、つまり、もらったものと思っていたら大間違いです。
ただ、預かっているだけなのです。

普通の大人にはとてもできないような言い方を、平気で子どもに向かってしている親が、たくさんいます。
これは、親の甘えであり、奢(おご)り、傲慢(ごうまん)、身勝手以外の何物でもありません。

親のものの言い方はとても大切です。
これで親子関係は決まります。
子どもの人間形成にも大きな影響を与えます。
子どもにとって、親の言葉遣いとは、イコール、環境そのものなのです。

次は、受容と共感についてです。

いつも、子どもの実状やその気持ちを受容的共感的に理解することに心がけてください。

子どもがそうするのには、必ずそれなりの理由があります。
変わりたくても変われないという実状もあります。
そういう子どもの気持ちを受け入れて共感してやること、つまり、子どもに寄り添ってやることが大切です。

非常に多くの子どもが、親が自分のことをわかってくれていないと感じています。
自分のことを受け入れてもらえない、全然わかってもらえない、何を言っても無駄、そう感じている子どもたちがとても多いのです。
こう感じている限り、親の言うことを素直に聞く気には絶対なれません。
反抗期の子どもにあっては、特にそうです。

まず、子どもをわかってやること、受け入れて共感してやること、ここから始めてください。でも、多くの親は、自分の考えをわからせることしか頭にないようです。

ところで、ここで誤解してほしくないことがあります。
それは、「親の言うことを素直に聞いてもらうために、最初は受容と共感に心がける」ということではないということです。
そんなことを考えていると、またしても親の考えの方が主になってしまいます。
これは、そういう取引のようなことではないのです。
結果的にはそうなることが多いのですが、そのために受容と共感があるわけではありません。

私は、常に、親の愛情を受容と共感という形で発揮してほしいと思っています。
親の考えの押し付けという形で発揮すると、ろくなことはありません。
親に自分のありのままを理解してもらい、受け入れて共感してもらうこと、子どもにとってこれほど幸せなことはないのです。
なぜなら、これこそが、その子の存在を全面肯定することなのですから。

私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。
少しでもご参考になれば幸いです。
こうたんさん親子に幸多かれとお祈り申し上げます。



親力革命──「親」であることにふと迷ったときに読む本 (単行本)親野智可等(著) 講談社 ISBN-10: 4062137267親力革命』「親」であることにふと迷ったときに読む本(講談社)
Benesse教育情報サイトの人気コンテンツ「教えて!親野先生」が一冊の本になりました。子育ての悩みは多様に見えて、実は意外と似ているものです。『親力革命』のなかに、今のあなたの、または将来の悩みを解決するヒントが隠されているかもしれません。



Amazon.co.jpで『親力革命』「親」であることにふと迷ったときに読む本を見る


プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A