兄弟げんかにはどう対応すれば……?【後編】[教えて!親野先生]

今週の相談

 

兄弟げんかが多くて悩んでおります。弟(6歳・保育園)の負けん気が強いせいもあるのか、何でもお兄ちゃんと一緒のことをしたがり、おもちゃ、カード、お菓子などの取り合いほか、飼っている犬の抱っこの取り合いまでします。さらに、自分の残した食べ物をお兄ちゃんにあげることさえだめだという状態です。それと太っているお兄ちゃんに「ぶた、ぶた」とからかうため、それがうっとうしくて長男もやり返したり、弟が何もしていなくてもわざとそばに行きからかったりと、常にけんかが絶えません。長男ばかり注意せず、弟を怒ったりもしているつもりですが、長男は、自分ばかり怒られていると思っているようです。仲の良いときもあるのですが、お互いにやりだすとしつこいので、親のほうまでイライラしてついにキレてしまうという状況です。何とかうまく対応できるようにとは思っいるのですが、なかなかうまくいきません。ご指導よろしくお願いします。(まさのまま さん)

 

【親野先生のアドバイス】

まさのままさん、拝読いたしました。

前回に引き続き、まさのままさんへのアドバイスです。


親が仲介者になって、お互いに対するプラスのイメージを作ってやるのも効果があります。
たとえば、弟が描いた絵を親がほめてやったとき、「お兄ちゃんも『○○は絵がうまいなあ』って言ってたよ」と言ってやります。
お兄ちゃんが風邪で休んだときは、「○○も心配してたよ。『お兄ちゃん、もうすぐ運動会なのに大丈夫かな?』って心配してたよ」と言ってやります。
弟が保育園の鼓笛隊の指揮者に選ばれたときは、「○○が選ばれて、お兄ちゃんもすごくうれしそうだったよ」と言ってやります。

このように第三者(この場合は親)に、「○○がほめてたよ」「○○も心配してたよ」「○○も喜んでたよ」と言われると、とてもうれしく感じられるものです。
そして、相手に対するプラスのイメージが育っていきます。
これは、いろいろな人間関係に応用できます。
母親が父親と子どもの間を取り持つことも、父親が母親と子どもの間を取り持つこともできます。
夫が自分の父母と妻の間を取り持つこともできますし、その逆も可能です。
もちろん、職場でもいろいろな応用が可能です。

さらに積極的な方法としては、兄弟が協力しなければならない状況を作り出すという方法もあります。
たとえば、親が外泊して兄弟だけで一晩過ごさせる、兄弟だけで遠くの親戚に行かせるなどです。

どの家でもすぐにできるものとしては、写真を活用する方法も効果的です。
次のような写真を大きく引き伸ばして、目に付くところに貼っておくのです。
兄弟が仲良く遊んでいる写真、兄弟が満面の笑みで写っている写真、赤ちゃんの弟とそれを抱っこするお兄ちゃんの写真、弟を優しくあやしているお兄ちゃんの写真、などなどです。

こういう写真を毎日見るともなく見ているうちに、いろいろなことを感じるようになります。
「弟が生まれたときかわいかったな」「2人で遊んで楽しかったな」「赤ちゃんの僕をお兄ちゃんがかわいがってくれてたんだ」「僕たち仲がいいんだ」「大切な兄弟なんだ」
つまり、このような写真からは無言のメッセージが絶えず発せられるのです。

絶対してはいけないことは、兄弟を比べることです。
子どもにはそれぞれの個性があり、成長スピードも十人十色なのです。
でも、それが頭ではわかっていても、親はついついいろいろな面で比べてしまいがちです。
そして、それがちょっとした一言に出てしまうこともあります。
ここは十分気を付けなければならないところです。

特に、相手を引き合いに出して叱ることは厳禁です。
たとえば、お兄ちゃんに、「弟にできて、なぜあなたにできないの!」「弟のほうがしっかりしてる」「どっちがお兄ちゃんかわからないね」などということは、絶対に言ってはいけません。
もちろん、弟に「お兄ちゃんを見習いなさい」「お兄ちゃんは○歳のときにこれができたよ」などと言うのも同じです。
こういうことが多いと、相手を恨むようになります。

また、相手を引き合いに出してほめることも厳禁です。
「お兄ちゃんよりあなたのほうがしっかりしているね」「お兄ちゃんは片付けが下手だけど、あなたはえらいね」「やっぱりお兄ちゃんのほうががんばり屋だわ」「○○は勉強できないけど、お兄ちゃんは希望の星だ」などというほめ方です。
こういうことが多いと、相手をさげすむようになります。

ところで、私はどこかで次のような意見を読んだことがあります。
それぞれの子に、「あなたが一番好き」と言ってやるといい。
そうすると、自分の気持ちが満たされて兄弟にも優しくなれる。

私はこれを読んで驚きました。
私は、絶対にそんなことはないと思います。
これでは、「親の愛情は平等ではない」と教えているようなものです。
それは、今は自分のことが一番好きでもいつか逆転する可能性があるということです。

それは、相手にも同じことを言っている可能性があるということです。
子どもは、こういうことを敏感に感じ取ります。

そうなってくると、親の愛情は平等なものではなく、兄弟で多い少ないを競い合わなければならないということになります。
これでは兄弟の仲が良くなるはずがありません。

子どものなかには、ときどき「ぼくとお兄ちゃんのどっちが好き?」「私と妹のどっちが好き?」などと聞く子もいます。
こういうときは、「どっちも大好きだよ」と答えるべきであり、他の答えなどあり得ません。
以前、「親力診断テスト」にも書きましたが、「あなたのほうが好きよ」「両方好きだけど、あなたのほうがちょっと余分に好きよ」などという答えはバツなのです。

ところで、「どっちが好き?」と聞くときは、やはり子どもの心の中に不安がある可能性があります。
そして、こう聞いてこないまでも、心の中に同じ不安を感じている子はけっこういます。
自分は親に好かれていないのではないか、愛されていないのではないか、私よりお兄ちゃんのほうがかわいいのではないか、ぼくより妹のほうが大事なのではないか……。

こういうことを感じている子どもは本当にかわいそうです。
当然、兄弟仲にも影響してきます。
親は、絶対こういう不安を子どもに与えないようにしなければなりません。

いつも言っていることですが、叱られることが多いとどうしてもそういう不安は出てきてしまうのです。
「○○しなきゃダメでしょ」「また○○してる。何度言ったらわかるの」「だらしがないわね、まったく」「なんで、あなたは○○できないの」などという言い方は、本当によくありません。

自然にできるように合理的な工夫をして、叱ることは極力減らしてください。
口で言わなければならないときは、感情的に叱ったり咎(とが)めたりするのではなく、穏やかな優しい言い方で上手に諭してやってください。

そして、ほめることに心がけ、加点主義でプラス思考の子育てをしていってください。

そうすれば、子どもは、自分に対して自信をもち、親の愛情に対して確信をもつことができます。
そして、それが自分を取り巻くすべてに対する基本的な信頼感につながっていきます。

当然、兄弟仲を良くすることにもつながっていくのです。

私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。
少しでもご参考になれば幸いです。
まさのままさん親子に幸多かれとお祈り申し上げます。




親力革命──「親」であることにふと迷ったときに読む本 (単行本)親野智可等(著) 講談社 ISBN-10: 4062137267親力革命』「親」であることにふと迷ったときに読む本(講談社)
Benesse教育情報サイトの人気コンテンツ「教えて!親野先生」が一冊の本になりました。子育ての悩みは多様に見えて、実は意外と似ているものです。『親力革命』のなかに、今のあなたの、または将来の悩みを解決するヒントが隠されているかもしれません。


Amazon.co.jpで『親力革命』「親」であることにふと迷ったときに読む本を見る


プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A