親が帰宅するまでの時間の過ごし方、よいアイディアは?[教えて!親野先生]

今週の相談

 

4月から小学生になる男の子がいます。共働きで、一人っ子の子どもに寂しい思いをさせています。朝7時30分に保育園に行き、お迎えは夜7時15分で、最後の一人のことが多く、早お迎えが子どもの喜びになっています。これを保育園6年間、子どもはやり遂げてくれました。子どもが寂しい思いをしていることは、様子でよくわかります。小学校になると学童保育で夕方6時まで過ごすことになりますが、私が帰宅できるのは、7時15分ぎりぎりの状態です。学童保育から親の帰宅までの過ごし方ですが、よいアイディアはないでしょうか?(あかあかさん)

 

【親野先生のアドバイス】

あかあかさん、拝読いたしました。

両親が共働きで、子どもと接する時間が少なすぎるという悩みですね。
今、このような悩みをもっている親たちが本当に増えています。
ちょうど子育て真っ最中の世代が、同時に社会や企業にとっても一番の働き手だという事情があります。
おまけに、グローバルな大競争時代とか勝ち組負け組などと、やたらに煽り立てる風潮があります。
また、この世代は、その分生活費や教育費などでもお金がかかるという事情もあります。

これからの社会を担う子どもを育てている世代に、もう少しいろいろな支援があってしかるべきです。
金銭的にも時間的にも、支援が必要です。
行政からも地域社会からも民間からも企業からも、支援が必要です。
それなのに、一向にそれが目に見える形で進みません。

その結果、子育て真っ最中の世代が一番大変で、そのしわ寄せが確実に子どもに来ています。
今の子どもたちが抱えているストレスの多くは、このような経緯によるものです。
そして、そのストレスがいろいろなところで問題を引き起こしています。
家で出る子もいますし、保育園・幼稚園・学校などで出る子もいます。
今、それを家で出せなくて学校で出す子が多くなっています。
いじめ、物隠し、不安定、被害妄想、無気力などなど、いろいろな形で出てきます。
保育園・幼稚園・学校もまた、このような社会のしわ寄せを引き受けているのです。

そして、ここも、また、人員増加などの支援を受けられずにいます。
20年前とは事情が大きく変わっているのに、同じ態勢でやれと言われているのです。

今は家でも、保育園・幼稚園・学校でも出さないでいるけれど、その分確実にストレスや不満を溜め込んでいる子もいます。
そういう子は、あとで、もっと大きくなってから出る場合もあります。
あるときまでずっと良い子のまま大きくなって、あるとき突然溜め込んできたものが爆発するということもあるのです。
子どもが寂しい思いをしているしわ寄せは、必ずどこかに出るのです。

私は、このご相談のかたの詳しい事情がわかりませんので、今から書くことは的外れかもしれませんし、無理なことなのかもしれません。
ですから、同じような「悩みを抱えている方々への私の一般的な回答」ということでお読みいただければと思います。

まず、私は、親たちはもっと自分たちが何のために働いているのかを考えてみることも必要だと思います。
それは、つまり、何をこそ大事にするべきなのかと考えることでもあります。
子どもが親との触れ合いを一番必要としているとき、それを脇に置いてまでするべきほどの仕事なのか、と考えてみることは必要だと思います。

子どもが本当に子どもらしい子どもでいる時間というのは、驚くほど短いものです。
それは、あとになってからでは取り返すことのできない時間なのです。
ですから、まず、仕事を見直すという視点も必要だと思います。
それは、人生や生き方を見直すことでもあります。

それをまずしたうえで、それでもどうしても今の状態を変えられないということでしたら、次のようなことをしてみてください。

・学童保育が終わってから親が帰宅するまでの間、誰かに家にいてもらうことができるといいですね。
おじいちゃん、おばあちゃん、親戚などに依頼することができればしてください。

・子どもが家に着いたころ、電話をして話をするのもいいでしょう。
たとえ短い時間でも、親が気にかけていることが伝わると思います。

・親子の交換日記や手紙など、書いて伝えるコミュニケーションを増やすといいでしょう。
子どもが家に着いたら読んで返事を書く、というようにするといいと思います。
書いて伝えることで、口で言えないことも伝えることができます。
しかも、何回でも読み返せますので、親の愛情を反すうすることができます。

・親子で過ごしている楽しいひとときを写真に撮り、それを大きめに引き延ばして目につくところに貼っておくといいでしょう。
これも、親の愛情を反すうするのにいい方法です。
ぜひ、たくさん貼ってください。

・親が帰るまでに宿題を済ませてあれば、あとは親が確認するだけで済みます。
そうすれば、あとは親子で楽しく過ごすことができます。
そのことを子どもにわかるように話して、できるだけ済ませるようにできるといいですね。
でも、それは子どもの性質にもよりますが。
また、学童でやらせてくれるところもあるようですが、必ず確認は親がしてください。


・夕飯の仕度などを親子ですると、その共同作業自体が親子のコミュニケーションの時間にもなります。
子どもに生活力を付けることもでき、親のためにも子どものためにもなります。

・親子で過ごせる時間を大切にして、子どもの話をたっぷり聞いてやってください。
また、親も自分の子どものころのことや今の仕事の話をしてやってください。
同僚に頼んで親が働いているところを写真に撮ってもらい、それを見せながら話してやると子どもに親のがんばっていることが伝わります。
また、親が子どものころの話をするときには、そのころの写真を見せてやると子どもは喜びます。

・叱らなくても済む生活の流れを作るよう工夫して、叱ることを少なくしてください。
つまり、叱らないシステムです。
叱られることが多いと、子どもは親の愛情を疑うようになります。
詳しくは、拙著『「叱らない」しつけ』を参照してください。

・親ができる合理的な工夫や具体的な改善を、ぜひ実行してください。
工夫があるのとないのとでは、ものごとは大きく違ってきます。

・とにかく、子どもが親に愛されていることを実感できるようにしてやることが大切です。
これに十分心がけてください。

私ができる範囲で、精いっぱい提案させていただきました。
少しでもご参考になれば幸いです。
あかあかさん親子に幸多かれとお祈り申し上げます。

プロフィール

親野智可等

親野智可等

教育評論家。23年間の教員生活のなかで、親が子どもに与える影響力の大きさを痛感。その経験をメールマガジンなど、メディアで発表。全国の小学校や、幼稚園・保育園などからの講演に引っ張りだこの日々。

おすすめトピックス

子育て・教育Q&A